登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

タグ:鳥海山

9/17(日)鳥海山

9/17(日)~18(月)で北アにでも行こうと思っていたのだが台風直撃の予報でとりあえず東北の山に変更、飯豊にでもと考えていたが18(月)は強風で無理と判断し17(日)の日帰りに。
計画迷走の末、影響の少なそうな鳥海の祓川ルートへ出掛けるも強風で康ケルン/七ツ釜避難小屋で撤退。あがりこ大王や鳥海マリモなんかを散策となりました。

P9170216(1)
朝4時半にteku_teku集合、東北・山形道を東根ICまで使い無料開放されている東北中央道とR13から松の木峠を越して鳥海町経由で祓川登山口へ、約3時間半。
台風と秋雨前線の影響で微妙な天気とは分かっていたが着いてみるとメチャ強風。行くのを躊躇するくらいで一瞬丁岳にでも行先チェンジするかな~と思ったがメンバーはせっせと靴を履いている。
風向き考えて祓川にしたのだが・・、まあ皆行く気みたいなんで行ってみますか。とりあえず途中撤退は目に見えているのだがそれはそれでウダウダしているよりは良いかも。
P9170218(1)
写真からは分かりにくいですが強風。
P9170219(1)
リンドウがたくさん見頃。
P9170220(1)
下は穏やかに見えるのだが。
P9170231(1)
P9170234(1)
少し雪が残っている。相変わらず風が強い。
P9170235(1)
とりあえず登っていくが先行者がほぼ避難小屋までで下りてくる。やっぱり。
とここで福島からのパーティとすれ違う。何と昨日避難小屋泊まりだったそう。
昨日は天気良かったよ~!と、わかってたんですけど昨日は休めなかったんです・・・。
P9170236(1)
P9170239(1)
花も咲いているのだが風が強く写真を撮ってもブレちゃいます。
P9170237(1)
P9170240(1)
康ケルンで進むのを止め避難小屋でコーヒータイムして撤退。
ここまで1時間半程、まあこんな日もあります。
P9170242(1)
下りはあっという間、祓川神社を参拝し遊歩道を巡って下山しました。
P9170243(1)
下ってくるとたまに晴れ間もあったりするんですけどねえ。

P9170250(1)
で、中島台へ移動しハイキング。
管理棟のおじさんに、鳥海山残念組とすぐバレました。装備が他のハイカーと明らかに違うとの事で。
P9170252(1)
森の中は穏やか。暑くも無くちょうど良いです。
P9170254(1)
あがりこ大王。奇形ブナです。
P9170260(1)
今回はNEW靴の履きならし。もちろん登山靴はあるのですが予備で使っていた靴が壊れてしまい代替です。
予備で使っていた靴は足型も合って防水も良く2回も張替していただけに残念だったのですが何とタンがもげてしまったのです。古かったので仕方ないのですが。この靴は軽量タイプなんですが長持ちするといいなあ、革靴ほどは持たないでしょうけど。ちなみにここの散策は登山靴はいりません、あえて履いてます。
P9170266(1)
P9170269(1)
鳥海マリモ。
P9170277(1)
元滝伏流水。

あがりこ大王とかってこんなタイミングじゃないとなかなか来れないんで良かったです。
この後道の駅で展望温泉に入って酒田港で海鮮丼食って福島へ戻りました。
いや~鳥海山満喫!やっぱりウダウダしているよりは出掛けた方が良いですね。
私は観光やグルメと無縁だったのですが、teku登山部は山がダメな時の観光・温泉・グルメも充実させていきたいと思っています。



5/21(日)鳥海山
祓川~七高山往復

恒例の鳥海ツアー、今シーズンも行ってきました。
福島から適度な日帰りで楽しめ山スキー初級者も可なルートです。

例の如くteku_teku駐車場に朝5時集合し東北・山形自動車道を使い東根IC経由R13・108で祓川登山口へ。
東北道古川IC経由でR108でもだいたい同じ、高速100km+一般道150km、福島から往復約500kmです。

P5210002(1)
既に祓川登山口の駐車場は満車との情報で上がらずに一段下の駐車スペースにゆったり止める。
メチャ好天!私が山行っても晴れることもあるのです。陽気のせいか虫がすごく虫よけをシュッシュ。
P5210004(1)
祓川山荘で登山届&トイレを済ませ歩き出す。
我々はゆっくり来たので最後尾くらいのスタート。
P5210005(1)
やや縦溝が出来ているが歩きやすい雪質。
P5210008(1)
七ツ釜避難小屋を通過。快調です。
P5210009(1)
だんだん近づいてきました。今日は大勢の人が登っています。
P5210011(1)
皆さん日焼け止めバッチリで私もバカ殿メイクな感じです。
P5210012(1)
山頂直下のやや急な斜面を登ります。
P5210015(1)
皆頑張って登ってきました。
P5210016(1)
3時間チョイで七高山山頂。新山が正面に見えます。
P5210019(1)
このブログにはあまり個人の特定できる写真を使っていないのですが載せちゃいました。
笑顔がカワイイ彼女はスキー自体を今シーズンの正月から始めたteku_teku登山部の女子部員。
シール歩行数回目ですが特に遅れることも無くいいペースで一緒に登りなかなかエラいです。
IMG_20170521_122048(1)
親しいお客さんやテレのレジェンドN津さんご一行にもお会いしました。
皆さんこの時期来るところはだいたい一緒ですね。
風も無く穏やかな山頂でかなりゆっくりした後シールをはがして滑り出します。
P5210023(1)
P5210028(1)
滑りは水を得た魚のようなM嬢。
P5210046(1)
スキー始めたばかりのM嬢も山頂から真っ直ぐ急斜面に入って驚き。
P5210057(1)
これは私の嫁さんです。慣れたもので安定した滑り。
P5210074(1)
ラッセル隊長M氏は滑りも早い。
IMG_20170521_132504(1)
IMG_20170521_132507(1)
これはわたくし、なかなか撮ってもらえないんで。
右膝痛でそろそろテレがつらいです。
P5210095(1)
P5210125(1)
下りはあっという間、今日は皆さん楽しく滑れてますね。
P5210138(1)
P5210164(1)
P5210228(1)
P5210198(1)
P5210263(1)
写真を撮ったりしながらゆっくりしましたが1時間程で下りました。
ありがとう鳥海山。皆さん楽しめました。

いつもの通りフォレスタ鳥海で汗を流し福島へ戻りました。
帰りは交通量多めでしたが比較的スムーズに7時には戻れました。
ご参加の皆様お疲れ様でございました。
滑り収めにするかもう1回くらいどこかに行くか悩ましいところです。

↑このページのトップヘ