登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

タグ:鳥海山

5/13(日)
鳥海山
祓川~七高山

天気予報は下り坂でしたが午前中勝負と鳥海祓川へ出掛けてきました。
この時期になると山スキーを楽しめる所も少なくなり近場日帰りだと石転びか鳥海あたり、天気が微妙となれば慣れた所で鳥海祓川が無難な選択となりました。

いつもはゆっくり出発するルートなのですが山は午後から雨の気配あり私としては早めの4時の集合にするといつも真面目なM嬢が来ていない、まさか彼女に限って寝坊はないよな~と電話してみると普通の受け答えで集合時間を勘違いしているらしい、いつもは計画書に集合時間を入れているのですが今回は天気図と雲の動きをギリギリまで見ていたので前日の夜にLINEで連絡したのが悪く4時頃teku_tekuを4時半teku_tekuという勘違いでした。私は老眼でスマホ文字が見にくいのですが若い彼女は見えているハズ、やっぱり前日夜ギリに決めたのがマズかったのですがギリギリに来る私と違って10分前到着を常とする彼女は4時20分に到着しさほどの遅れも無く祓川へ移動。
20180513_01
するといつもはメチャ混みの駐車場がガラガラ、ハテ?ここ数年は上には止められず一段下か猿倉ルートでもいいかと思っていたのですが皆さんもう山スキー終わったのか?GW後半も天気悪かったのだから今週混むかと思っていたのですが、やっぱり予報悪いと空いているものなのですね。
20180513_03
前日入りしていた人達と合流し登り出す。山頂は見えてます。
20180513_08
さほど風も無く穏やか、雪も適度なザラメです。
20180513_10
いいペースでサクサク登っていきます。日差しも無く快適。
20180513_18
日本海も遠望できます。
20180513_19
山頂直下、皆さん健脚です。
20180513_21
山頂に着きました。先週の高所トレーニングの効果かけっこう楽に登れました。
20180513_24
5人で休憩もとっていたのに2時間半程、女子も体力あるな~。
20180513_26
さすがに山頂部はやや風があります。
ゆっくりしようかと思いましたが雨雲が寄ってきたので下る事に。
20180513_49
20180513_34
20180513_72
山頂から滑り出す。
20180513_90
華麗なスプリット女子。
20180513_102
飛ばすシミケン!
20180513_175
板の走るザラメで快適。
20180513_200
山スキー&スキー自体2シーズン目にして安定してきました。
20180513_144
山頂部は雲の中になってしまいました。
20180513_141
下りはあっという間です。

鳥海荘で温泉入浴してさっぱり、夕方には福島に戻れました。
雨の降る前に下山でき雪も良く快適でした。そろそろスキー収めの時期、これで終わって登山靴履くかどうか悩ましいところです。



4/29(日)
鳥海山
大平~御浜小屋~扇子森東側~千蛇谷~新山

ブルーライン8~17時の通行規制がありややタイトながら好天予報に誘われ鳥海千蛇ルートへ出掛けた。
今回の目的の一つは大平や鉾立から入山の場合に通常は七五三掛(しめかけ)から千蛇谷に入る人が多いように思うが扇子森の東側から入った方が標高こそ落とすものの安全度や装備の面でメリットがあるのではないかと考えそのルート確認。もちろん山スキーならではのルート取りでなるべく下部から千蛇谷に入りたいと思ったからだ。web検索してみたがこのルートを通った記録は1件のみなのでマイナールートで条件が難しい可能性もある。

朝4時半にteku_tekuに集合し東北・山形自動車道をフルで使い時間を短縮。高速代はかかるが4人で割るのでまあ仕方ない。鳥海道の駅には7時前に着き休憩していると偶然知り合いに遭遇、やはり鳥海湖あたりまでのテレスキーとの事。どうせブルーラインの開くのは8時なのでゆっくり休もうと思っていたがけっこう先発していったという話を聞き登山口の駐車スペースが心配になりそそくさとゲートへ移動。

20180429_03
吹浦側のゲートに着くと既にけっこうなゲート待ちの列。
まだ開くまで40分以上あるので日焼け止めを塗ったりしながら準備。この数の車だと一番効率のいい場所には止められないかも。
前日の夕方に入っているM隊長の情報だと駐車スペースはガラガラだとの事だが道路が開いていないので当然でしょう。
20180429_05
一番効率のいい駐車スペースにはやはり止められなかったが次の場所に止められてスタート。8時半過ぎ。
20180429_09
ゲレンデのような斜面を登っていく。
20180429_14
バックは日本海。
今日は行程が長く17時で道路が出れなくなるというプレッシャーもありサクサク登っていく。
20180429_26
鳥海湖に着いた。まだ眠っているようだ。
20180429_22
御浜小屋に到着。新山が美しい。やたら風が強くたまらず上着を着る。
無線で先発しているM隊長に確認すると予定していた扇子森東側から千蛇に入れたとの事。
予めルート情報は共有していたのでこちらも同ルートへ進む。
20180429_31
扇子森でシールを剥がし東側まで滑ってからの千蛇谷へのトラバース。
M隊長達の先行トレースがついている。
20180429_33
少しクラックが入っている箇所があり後続はビビッて入ってきた。
今日の雪質であれば問題ないと思うがカリカリ凍っているとちょっと怖いかも。
20180429_40
千蛇谷へ降り立った所はやや急な斜面だがシールを貼り直し登っていくにはさほど問題はない。
20180429_45
ここに至るまでほとんど休憩が取れていない。今シーズン山スキーを始めた初級者もいるので早め早めの休憩を取ろうと考えていたのだが風の弱い所で休もうと歩みを進めているとどこも風の弱まる所が無くここまで来てしまった。谷へ入れば風もおさまるかと思っていたがさっぱり風は強いまま。やや疲れている感もあるので昼食をとる。
20180429_47
七五三掛(しめかけ)のトラバース箇所千蛇側。
20180429_49
谷が広がる。
20180429_52
雄大な谷を登っていく。
20180429_58
ここまでやや時間がかかっていて山頂に至らず折り返しかと思えるがまだあきらめるのは早い。
ペースを上げればギリ山頂まで行ける可能性はあるのであきらめず頑張るのが山屋の心意気というものだ。
この先で先発していたM隊長のパーティとスライド。
20180429_59
文珠岳からの斜面にはトレースは無し。ここからも千蛇に入ってこれるが戻りは七五三掛になるのが普通。
こちらの斜面からの落石やブロックには注意が必要で登高中も何回か落石があった。
20180429_66
一旦離れて諦めたかと思えた後続が粘ってきているように見える。
すると前方に大パーティが滑ってきた。知り合い含む19人パーティで毎年恒例の祓川から登って千蛇を中島台に下るツアーだ。
20180429_71
大パーティとくっちゃベって時間を使っているうちにウチの嫁さんが迫ってきた。
あきらめていなかったのだ。自分の嫁さんながらけっこうエラい。
20180429_74
山頂の小屋と神社。ここまで来たら山頂までもうちょっと。行くしかない。
20180429_76
新山への登りは僅か。
20180429_79
ほぼ山頂。
20180429_82
山頂まで登って喜びもひとしお。
20180429_85
相変わらず風が強いが素晴らしい景観。
20180429_86
ひとしきり景観を楽しんだらシールを剥がして滑ります。
20180429_78
小屋と神社までひと滑り。
20180429_131
千蛇谷を滑る。
20180429_157
遅れて登っていたメンバーとも合流し広い斜面をどんどん滑る。
20180429_168
白まだらでちょっとストップ雪だが十分楽しめる。
20180429_170
再びシールを貼って扇子森東側へ登り返す。
トラバースの登りが慣れないとちょっと怖いかも。
20180429_173
扇子森を巻きながら登る。
20180429_172
疲れていると地味につらい登り。
20180429_176
御浜小屋まで戻ってきた。道路の閉まる時間には十分間に合いそうだ。
20180429_197
ゲレンデのような斜面を滑って出発地点へ戻った。雪はいいザラメで気持ち良い。
トータル7時間ちょいの行動で天気は良いが風は強くシールの着脱時以外はほとんど休まなかった。
脱水気味だったので水分を補給して温泉入浴しサッパリして福島へ戻り、充実した1日でした。










9/17(日)鳥海山

9/17(日)~18(月)で北アにでも行こうと思っていたのだが台風直撃の予報でとりあえず東北の山に変更、飯豊にでもと考えていたが18(月)は強風で無理と判断し17(日)の日帰りに。
計画迷走の末、影響の少なそうな鳥海の祓川ルートへ出掛けるも強風で康ケルン/七ツ釜避難小屋で撤退。あがりこ大王や鳥海マリモなんかを散策となりました。

P9170216(1)
朝4時半にteku_teku集合、東北・山形道を東根ICまで使い無料開放されている東北中央道とR13から松の木峠を越して鳥海町経由で祓川登山口へ、約3時間半。
台風と秋雨前線の影響で微妙な天気とは分かっていたが着いてみるとメチャ強風。行くのを躊躇するくらいで一瞬丁岳にでも行先チェンジするかな~と思ったがメンバーはせっせと靴を履いている。
風向き考えて祓川にしたのだが・・、まあ皆行く気みたいなんで行ってみますか。とりあえず途中撤退は目に見えているのだがそれはそれでウダウダしているよりは良いかも。
P9170218(1)
写真からは分かりにくいですが強風。
P9170219(1)
リンドウがたくさん見頃。
P9170220(1)
下は穏やかに見えるのだが。
P9170231(1)
P9170234(1)
少し雪が残っている。相変わらず風が強い。
P9170235(1)
とりあえず登っていくが先行者がほぼ避難小屋までで下りてくる。やっぱり。
とここで福島からのパーティとすれ違う。何と昨日避難小屋泊まりだったそう。
昨日は天気良かったよ~!と、わかってたんですけど昨日は休めなかったんです・・・。
P9170236(1)
P9170239(1)
花も咲いているのだが風が強く写真を撮ってもブレちゃいます。
P9170237(1)
P9170240(1)
康ケルンで進むのを止め避難小屋でコーヒータイムして撤退。
ここまで1時間半程、まあこんな日もあります。
P9170242(1)
下りはあっという間、祓川神社を参拝し遊歩道を巡って下山しました。
P9170243(1)
下ってくるとたまに晴れ間もあったりするんですけどねえ。

P9170250(1)
で、中島台へ移動しハイキング。
管理棟のおじさんに、鳥海山残念組とすぐバレました。装備が他のハイカーと明らかに違うとの事で。
P9170252(1)
森の中は穏やか。暑くも無くちょうど良いです。
P9170254(1)
あがりこ大王。奇形ブナです。
P9170260(1)
今回はNEW靴の履きならし。もちろん登山靴はあるのですが予備で使っていた靴が壊れてしまい代替です。
予備で使っていた靴は足型も合って防水も良く2回も張替していただけに残念だったのですが何とタンがもげてしまったのです。古かったので仕方ないのですが。この靴は軽量タイプなんですが長持ちするといいなあ、革靴ほどは持たないでしょうけど。ちなみにここの散策は登山靴はいりません、あえて履いてます。
P9170266(1)
P9170269(1)
鳥海マリモ。
P9170277(1)
元滝伏流水。

あがりこ大王とかってこんなタイミングじゃないとなかなか来れないんで良かったです。
この後道の駅で展望温泉に入って酒田港で海鮮丼食って福島へ戻りました。
いや~鳥海山満喫!やっぱりウダウダしているよりは出掛けた方が良いですね。
私は観光やグルメと無縁だったのですが、teku登山部は山がダメな時の観光・温泉・グルメも充実させていきたいと思っています。



5/21(日)鳥海山
祓川~七高山往復

恒例の鳥海ツアー、今シーズンも行ってきました。
福島から適度な日帰りで楽しめ山スキー初級者も可なルートです。

例の如くteku_teku駐車場に朝5時集合し東北・山形自動車道を使い東根IC経由R13・108で祓川登山口へ。
東北道古川IC経由でR108でもだいたい同じ、高速100km+一般道150km、福島から往復約500kmです。

P5210002(1)
既に祓川登山口の駐車場は満車との情報で上がらずに一段下の駐車スペースにゆったり止める。
メチャ好天!私が山行っても晴れることもあるのです。陽気のせいか虫がすごく虫よけをシュッシュ。
P5210004(1)
祓川山荘で登山届&トイレを済ませ歩き出す。
我々はゆっくり来たので最後尾くらいのスタート。
P5210005(1)
やや縦溝が出来ているが歩きやすい雪質。
P5210008(1)
七ツ釜避難小屋を通過。快調です。
P5210009(1)
だんだん近づいてきました。今日は大勢の人が登っています。
P5210011(1)
皆さん日焼け止めバッチリで私もバカ殿メイクな感じです。
P5210012(1)
山頂直下のやや急な斜面を登ります。
P5210015(1)
皆頑張って登ってきました。
P5210016(1)
3時間チョイで七高山山頂。新山が正面に見えます。
P5210019(1)
このブログにはあまり個人の特定できる写真を使っていないのですが載せちゃいました。
笑顔がカワイイ彼女はスキー自体を今シーズンの正月から始めたteku_teku登山部の女子部員。
シール歩行数回目ですが特に遅れることも無くいいペースで一緒に登りなかなかエラいです。
IMG_20170521_122048(1)
親しいお客さんやテレのレジェンドN津さんご一行にもお会いしました。
皆さんこの時期来るところはだいたい一緒ですね。
風も無く穏やかな山頂でかなりゆっくりした後シールをはがして滑り出します。
P5210023(1)
P5210028(1)
滑りは水を得た魚のようなM嬢。
P5210046(1)
スキー始めたばかりのM嬢も山頂から真っ直ぐ急斜面に入って驚き。
P5210057(1)
これは私の嫁さんです。慣れたもので安定した滑り。
P5210074(1)
ラッセル隊長M氏は滑りも早い。
IMG_20170521_132504(1)
IMG_20170521_132507(1)
これはわたくし、なかなか撮ってもらえないんで。
右膝痛でそろそろテレがつらいです。
P5210095(1)
P5210125(1)
下りはあっという間、今日は皆さん楽しく滑れてますね。
P5210138(1)
P5210164(1)
P5210228(1)
P5210198(1)
P5210263(1)
写真を撮ったりしながらゆっくりしましたが1時間程で下りました。
ありがとう鳥海山。皆さん楽しめました。

いつもの通りフォレスタ鳥海で汗を流し福島へ戻りました。
帰りは交通量多めでしたが比較的スムーズに7時には戻れました。
ご参加の皆様お疲れ様でございました。
滑り収めにするかもう1回くらいどこかに行くか悩ましいところです。

↑このページのトップヘ