登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

タグ:登山用品

7/15(日)
恵みの森(只見:布沢川/大滝沢)

あまりの暑さに前日に山行計画を却下し沢ハイキングへ。
沢装備を持たないメンバーばかりだったので長靴可の所です。

20180715_03
20180715_04
只見町の恵みの森は沢ハイキングが出来るように整備されています。
登山口には10台程度の駐車スペースとトイレも有り。
20180715_07
布沢川から大滝沢へは小尾根を超す道が付けられています。
全て沢通しでもそれほど難所は無いのですが、長靴の深さで無理な所には全て巻き道が付けられていますので本格的な沢装備は不要です。
20180715_10
下滝から上部はナメの連続です。
20180715_12
最初は遠慮がちに水を避けて歩いてます。皆そうですよね。
20180715_20
広いナメで景観が良いです。
20180715_24
気温は高めでもやはり沢は涼しく歩けますね。
20180715_29
だんだん慣れてきてバシャバシャと。
20180715_32
私だけは沢靴です。かなりズルい感じですが持ってるんで仕方ないですね~。
他のメンバーは長靴かアプローチシューズです。
20180715_36
中滝で尾根道を分けさらに進みます。魚止の滝とのちょうど中間位です。軽いハイキングの人は中滝までが多いみたい。今日は2パーティスライドしましたが両方とも魚止の滝までみたいでした。
20180715_48
これが魚止の滝、ちょっとショボイですが。
ここまでと思っていたのですが、スライドした人がこの上に鳥居がありそこまで行きたかったが魚止の滝が越せなかったと言っていたという事でちょっと進んでみる事に。
20180715_53
しばらく進むがそれらしい感じはない。ガセネタっぽいが。
20180715_51
私単独でしばらく進んでみるがヤブっぽくなるばかり。しかも仮にあっても長靴で来るところではないので引き返す事に。ちなみに魚止の滝は安全を考えロープで確保して降ろしました。ケガしても仕方ないし何といっても皆さん長靴なのですから。
20180715_60
帰りはもう大胆になってバシャバシャと。
20180715_67
けっこうイワナもいました。この沢は禁漁になっていますので。
20180715_82
大胆に行くと水出し作業が必要に。
20180716121210
ニホンカワトンボ(オス)かな?
13849
私も頭の上にトンボを連れて行きました。アブよけに。
まだメジロは出てなかったので効果は不明です。(笑)

teku部の主力メンバーは7/15(日)~16(月)で飯豊/御西に集中していたのですが私は連休とれずでした。
たまには水遊びもいいかな~、暑い日は。プチ沢体験でした。沢にも興味を持ってくれたかな?


福島市安全登山講習会のお知らせです。

「安全登山に必要な気象の知識を学ぶ」
講師:FTVテレポートプラス担当気象予報士 斎藤恭紀 氏
日程:7/21(土) 10~12時
場所:福島テルサ
受講料:¥500
定員:60名程度(先着順)
※7/20(金)までに福島市観光コンベンション推進室525-3722へお電話にてお申込み下さい。

20180705_03

福島市観光コンベンション推進室よりチラシ届いてます。
例年の事ながら山のハイシーズンの日程は微妙ですが時間のとれる方は是非どうぞ!
AとかCといった予報で一喜一憂されている方、天気図を学びましょう。



7/1(日)
神室山
役内口~西ノ又~神室山~前神室山~役内口

直前まで天気図を見て悩み何とはなしに行ってみたいと言われた神室に行く事に。
暑くなるのはわかっていたが前日も仕事で消耗しているので早起きもつらく朝5時にteku_tekuに集合し古川IC経由役内口へ移動約2時間半。

20180701_02
登山口で準備していると既に暑い。登山届を出して歩き出す。
20180701_06
しばらく林道型を歩き吊橋を渡ると登山道らしくなる。
20180701_10
登りは西ノ又沿いのルート。
歩き出して1時間もすると大汗、暑いとは思っていたが本当に暑くて汗が噴き出す。
タオルなど出したことが無い私がタオルを出して何度も汗をぬぐい、沢で顔を洗い頭に水をかけクールダウン。
20180701_17
沢から支尾根を登る。
20180701_19
やや急なブナ林。ちょっと日陰で助かる。
20180701_20
主尾根に出ると展望が開ける。
20180701_22
20180701_28
キスゲが満開。
20180701_32
大汗をかいて登ってきただけにほっとして写真タイム。
20180701_33
20180701_41
思ったより青空で良かった。
20180701_39
20180701_43
20180701_44
花色々。
20180701_46
20180701_52
20180701_53
キヌガサソウはもう終わりだろうと思っていたがまだもっていて良かった。
20180701_57
20180701_61
20180701_58
ここは窓くぐりだそうです。
20180701_63
神室
20180701_64
20180701_75
20180701_78
シャクナゲもたくさん咲いていました。
20180701_81
20180701_83
周囲は奥深い景観。
月山、鳥海、早池峰、焼石、栗駒などが望めました。
20180701_84
20180701_88
山頂と直下の避難小屋を見学。
20180701_89
昼飯を食って分岐まで戻り。
20180701_94
20180701_97
前神室方向へ。
20180701_99
20180701_109
20180701_113
20180701_114
やや曇ってきました。
20180701_118
前神室から神室方向。
20180701_122
20180701_123
右ひざがダメでスピードラップを巻いたら100痛いのが50くらいになりました。
20180701_125
ブナを見ながら下山。

暑い山でした。この日一緒に登った人はエラいです。
トマト、キュウリ、プラム、パイナップルなど皆さん重いものが旨いという事が理解できていてスバラシイ。
おかげで満開のニッコウキスゲときれいな花々、キヌガサソウも見ることができ、熱中症にもならず予定通り行動できました。
山で会ったのは慣れた風な男女ペアと単独男性のみ。日曜で天気も良いのに静かな山でした。

帰りに秋ノ宮温泉でさらに大汗をかいて脱水し福島へ戻りました。
もう何リッター汗をかいたか分かりません。




6/17(日)~18(月)
飯豊連峰
天狗平~石転び~十文字鞍部(梅花皮小屋泊)~北股岳~門内岳~丸森尾根~天狗平

普段なかなか誘われないので誘われるままに石転びへ行ってきました。
出掛ける前の体調は最悪、頭痛と膝痛、山に行けば治るか・・。

1日目
本宮在住のS氏と松川Pで待ち合わせ小国へ。
福島より米沢まで高速が無料で使えてありがたい。天狗平まで自宅から2時間ちょい、早くなったものだ。
まだ飯豊山荘は営業前なので天狗平ロッジでトイレを使わせてもらう。予約営業期間なので宿泊客がないと無理ですが。
駐車場はけっこうな賑わい、半分くらいは釣りだとの事、今日一緒に登るメンバーはすでに到着して準備している。こちらもゆっくり準備して登山届を提出して歩き出す。
20180617_01
なんかいつもここで写真を撮ってしまいます。
20180617_09
20180617_10
梅花皮沢沿いの道をのんびり歩く。
20180617_16
梅雨の晴れ間!
20180617_18
梶川は偵察しましたが無理で巻き。
20180617_23
20180617_27
山菜採りながら歩きます。
20180617_30
出合いの手前から雪に降りました。
20180617_39
20180617_44
20180617_48
20180617_52
山菜採り名人が獲物を探していて発見したオオサクラソウの群生地。
なかなか見れない花がこんな早い時期に見れて素晴らしい。
梅花皮沢の右岸ですが間もなく雪の上を歩けなくなりそう。
20180617_57
石転びの出合い。
20180617_60
広い雪渓を歩きます。
20180617_62
山菜採りに名人は側壁の観察に余念がない。
20180617_66
獲物をザックにぶら下げ登る。
20180617_75
収穫中。
20180617_84
本石方向からは落石が多い。
20180617_86
徐々に斜度が増してくる。
20180617_88
まだ余裕。
20180617_114
中ノ島はほぼ出ていないがほんの一部が出かけていた。
出合いまでの雪と稜線近くの雪は少ないが石転び上部の雪は多いように思える。
北股沢方向はけっこう雪が付いていて心配していた落石は少なく雪面も比較的きれいだったが今後は増えてくるだろう。
20180617_132
この先くらいでアイゼンを付けて登りましょう。
20180617_144
スリップしてはいけません。
20180617_147
小屋が見え斜度が緩む。
20180617_152
登りました~。
梅雨の晴れ間で雪もきれいで非常に条件が良かったです。
ただし先行パーティは本石からの落石が目の前にきたり避けたりしていますので注意は必要です。
20180617_153
20180617_157
20180617_160
花々が出迎えてくれた。
20180617_171
20180617_172
穏やかな梅雨の晴れ間に素晴らしい景観を堪能できました。
この後は夜の部、担ぎ上げた豪華食材と収穫した山菜で食いすぎ飲みすぎ。
皆満足して夜は更けていきました。


2日目に続きます。





6/10(日)
不忘山

雨予報だったので近場でウロウロ。
古い雨具を持っていったらビタビタで寒い、山をなめてはいけませんね。
めったに行かないメジャーなルートでしたが1パーティしか会いませんでした。日曜なのに。

20180610_03
20180610_08
20180610_09
20180610_12
20180610_13
20180610_16
20180610_18
20180610_25
20180610_27
20180610_29
20180610_31
20180610_22
20180610_33
20180610_42

teku_teku登山部の山行はteku_tekuHP
http://www12.plala.or.jp/teku_teku/tozannbu.html に記録しています。
このブログに載せているのは私の行ったものなど一部です。




↑このページのトップヘ