登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

タグ:月山

8/2(水)月山
姥沢~リフト~牛首~月山~姥ケ岳~姥沢

東京出張月間も終わり久しぶりに水曜休み。めずらしく嫁さんも休めるとの事で月山にハイキングへ。
岩ガキへの未練もあり鳥海かと思いましたが日頃の疲労から早起きできずで・・、ゆっくりスタートです。

P8020001(1)
月山って夏は相当久しぶりに来ました。協力金あり。
P8020003(1)
晴れ予報でしたが何故かガスガス。楽してリフト乗ります、似合わない感じですが。
P8020007(1)
P8020008(1)
何気なく登り出す。ガスガスなんでとりあえず山頂方向へ。
P8020032(1)
P8020023(1)
色んな季節の花が見れます。ヒナザクラも群生してました。
P8020033(1)
ガスの中滑っている人もあり。
P8020042(1)
信仰の山なんで白装束の方もあり。
P8020044(1)
P8020041(1)
花を見ながらノンビリ登ります。
P8020048(1)
と、ガスを抜けた!
P8020056(1)
何とも言えない青。
P8020058(1)
信仰心のある私たちはちゃんと500円払ってお祓いしてもらい神社に詣でました。
いつも雪のある時に来て神社の屋根に上がったりしている罪ほろぼしです。
P8020061(1)
P8020062(1)
三角点は何故かちょっと低い所にありますがあまり人が来ません。
P8020063(1)
P8020066(1)
P8020068(1)
P8020071
かなりの種類の花が咲いてました。
P8020070(1)
ガスが晴れたり曇ったりという感じ。一瞬の晴れ間がきれいです。
P8020079(1)
P8020086(1)
帰りは姥ケ岳経由で戻りました。

寝坊して何気なく行きましたが思ったより花の種類も多くきれいでした。
花の写真を撮りながらでも山頂まで1時間半程、飲料500mlも消費せず手頃なハイキングという感じ、たまにのんびりハイキングもいいものです。

teku_teku登山部の山行で報告等のあるものについてはteku_tekuHPのてくてく登山部のページ http://www12.plala.or.jp/teku_teku/tozannbu.html に記録しています。私が参加したものについてはこのブログや私のフェイスブックに書き込みしています。


姥沢~牛首~姥ケ岳~装束場~石跳沢~馬立沢~スキー場~姥ケ岳~姥沢
(視界無く強風で牛首で戻り。)
4/16(日)日帰り

天候が今一つなのは認識していましたが恒例の月山へ。
本当は南会津方面の天気が良さそうで心惹かれたのですが色々考え無難な選択です。

当日朝、肘折ルートへ向かう知り合いを夜間ゲートから姥沢に乗せる可能性もあり急いだがヒッチでOKだったようで一安心。
P4160022(1)
姥沢Pは思ったほど混んでおらずスムーズに駐車しリフト乗り場へ移動。
リフトに乗ると強風でやっと動いている感じでたまに止まる始末。
P4160026(1)
姥ケ岳には大勢が登っている。
P4160025(1)
リフト上駅から少し歩いてからちょっと滑り降りシールを付け歩き出す。
P4160023(1)
あっという間にガスが降りてきた。
P4160030(1)
歩き出すとすぐガスの中。GPS行動に。
結局尾根に上がると風も強く視界無し。しばらく様子を見るも回復のきざしも無く牛首で上がるのをやめた。
おそらく上がる事は可能でも下りの滑りで離れてしま事を考えると初級者中心のパーティ構成ではリスクが高い。
P4160051(1)
折り返して視界のない中姥ケ岳に上がり滑り出すと途中で視界が開けた。
雪はほど良いザラメで気持ちよく飛ばせる。快適!
P4160061(1)
けっこう楽しめた。
P4160055(1)
湯殿の斜面が魅力的だったが無難に石跳沢を下る。
P4160073(1)
高度が下がると天気も良く春の陽気。
P4160076(1)
ネイチャーセンターに下がっても仕方ないので馬立沢の脇を登る。
P4160078(1)
ブナ林の登りも気持ちが良い。
P4160082(1)
湯殿が綺麗に見える。
P4160087(1)
登りも練習してもらわないとあちこち行けません。体力余っちゃうし。
P4160098(1)
姥の斜面を1本滑って終了。今年スキーを始めたM嬢も上達してます。

2週連続で悪天。雪はなかなか良いのですが・・。
仕方ないので温泉に入って出羽屋で山菜そば、大変おいしゅうございました。

肘折や品倉尾根に行ったパーティも後から話を聞くと爆風の中GPS行動。
この山域の高い所は修行の場だったようです。南会津は天気良かったようで・・。

↑このページのトップヘ