登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

タグ:吾妻連峰

吾妻連峰 二十日平
3/29(水) 日帰り

地元の山岳会メンバーに誘われデコ~二十日平下りに行ってきました。

2週連続で水定休に仕事をしてたんでどこかに行きたいな~と思っていたとこに声を掛けてもらいちゃっかり乗りました。
週末に山行ってるんで水仕事になるのは当然といえば当然ですが、意外と定休日って休めないものなのです。
いつも行く山を考えたりメンバーを確認したりなのでたまに誘われると嬉しい!すぐ乗っちゃいます。
私、誘われれば車も出しますしラッセルも可能でケツ持ちも出来ます。是非誘ってください!人の計画に乗るのって正直非常に楽なのです。まあ、乗ってばかりもどうかと思うので人を誘えるレベルにならないとダメなんですけどねえ。誘い合えるくらいが山仲間のベストな関係だと思います。

で、運動公園Pに集合しグランデコへ向かいます。デコで現地集合のメンバーと合流しゴンドラ/4線を使ってゲレンデトップへ。
P3290001(1)
P3290004(1)
月曜に雪降ったんでラッセルと思ってたのですが、スキートレースあり大した労力も無く登ります。
風も弱く最初からジャケットを脱いでちょうどいいくらい。
P3290005(1)
いい雪深く滑りが期待できそう。
P3290007(1)
風のあたる斜面はトレースも消えかけています。遠望は無し。
P3290012(1)
視界は良くなったり悪くなったりという感じ。
P3290015(1)
西大巓に着く頃には真っ白に。天気予報は良いハズですが寒気が抜けきらない感じ。
ニセピークを巻いて直接西大巓へ、やっぱりこれが良いコース取りと思います。
P3290018(1)
西大巓山頂でピットチェック。
P3290019(1)
P3290022(1)
雪を掘って切り出します。
P3290025(1)
圧を掛けて弱層を確認。
P3290028(1)
破断面の観察。

歩いていた時には弱層を感じたのですが、実際掘ってみると思ったより安定していました。
でも3月の雪とは思えません。降り続いて積もった感じです。
登っていても感じたのですがこの時期でこんなに雪が多いのは私は初めてです。
東斜面の雪庇もかなり大きくなっていました。今シーズンの吾妻はメチャ雪が多いです。
で、結局視界がまるで無く、待っても回復するどころかさらに悪くなる状態だったので東斜面の滑降はあきらめ西吾妻へ向かいます。

P3290032(1)
たまに視界が開けるがすぐ悪くなってしまう。
P3290033(1)
西吾妻小屋、昼食。
入口がしっかり閉まっておらずかなりの雪が吹き込んでいたのでスコップ出して除雪作業、きちんと閉まるようになりました。
P3290034(1)
P3290035(1)
西吾妻へ登ります。真っ白。
P3290038(1)
山頂らしき所。
P3290049(1)
滑り出す。視界悪くルート取りは慎重に。
P3290051(1)
深い!ふわふわ!3月とは思えない雪です。
P3290052(1)
読図の練習。
P3290054(1)
下は穏やかな春です。二十日平あたりからは雪が重くなりました。
P3290061(1)
作業道の渡渉点をブリッジで越してスキー場に戻りました。

上部の視界があればもう少し滑りを楽しめたのですがまあ仕方ありません。
そのおかげで3月とは思えない深い雪を堪能できました。今シーズン最後のパウダーかな~。

別件ですが・・、
一昨日に那須と安達太良で雪崩による事故がありました。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに怪我をされた方々が早期に回復されますよう願っております。
また、様々な形で関係されている皆様が健康を害されませんよう願っております。


吾妻連峰 大沢下り/teku_teku登山部
2/26(日)日帰り

日々バタバタしていてさっぱり山の予定も立てられないでいたが前日に思い立って大沢下りに行く事に。
寒冷前線の通過で天気も今一つの予報だが行ける時行っとかないと、山は逃げないがタイミングはドンドン失っていくしジャブを出しとかないとストレートも打てません。

とりあえず朝ラッセルM氏と大沢駅で待ち合わせ私の車をデポし天元台へ、私達が行くからと根拠無く安心感を持って加わる人が必ずいるのだが何故だろうかというくだらない話で盛り上がりながら移動。私は膝悪でもはや人の面倒なんて見れるパワー無いしラッセルM氏は迷い癖があるというのに、皆さんわかっているのかな~。

P2260110(1)
天元台で他のメンバーと合流しロープウェイ/リフトを乗り継ぎゲレンデトップへ。
P2260111(1)
リフトの稼働を少々待ったが何とはなしに天候が回復してきたような・・。
P2260113(1)
中大巓へ登っていく。一昨日降った雨でガリガリの上に新雪でスリップ注意。
P2260114(1)
下方は遠望も利く。
P2260115(1)
が、稜線は全く視界無し。甘くなかった。
P2260116(1)
雨で樹氷はかなり落ちてしまったようだ。全然見えないけど。
P2260118(1)
先頭はかなり見えません。酔っぱらってしまう状態。具合悪い・・。
P2260120(1)
紆余曲折、やっと視界が開けた。僅かな時間だったが美しい景観が見られて良かった。
P2260123(1)
結局視界が無いとろくに滑れずルート探しに終始するので割り切ってシールを付けっぱなしで移動すべきだった。シールを剥がせば視界がないとどうしても下がってしまうしシール着脱の時間もかかる。ちょっと反省。
P2260130(1)
明月荘は雨で雪下ろしされた感じだが全てが凍り付いていて入る気にもならず小屋の横で昼飯。
視界があったのもつかの間、雪が降って視界も悪くなってきた。
P2260133(1)
さて、滑りますか。ラッセル隊長、その手袋で大丈夫なのは凄すぎます。
私は半日くらいでダメです。穴掘り用に持ってはいますが・・。
P2260134(1)
稜線はガリガリか新雪のまだらだったが樹林帯に入るとかなり軽くて良い雪が吹きだまっている。
P2260136(1)
雪質は最高!けっこう楽しめた。やはり視界無くちょっと沢に寄りすぎて反省。
P2260137(1)
下がってきても軽い雪質はかわらず板はよく走る。快適!
P2260140(1)
林道まで下がってバンバン板が走るのはめずらしい。
P2260142(1)
板が走ると緩斜面も楽しい。
P2260145(1)
樹が電線2カ所程倒してました。
P2260147(1)
奥羽本線の線路に滑り降りて終了。右に入るとこ間違って戻り余計な運動しちゃいました。
デポ車で天元台に戻り解散、お疲れ様でした。吾妻の中では日帰りで行動できる最長くらいのルートかなと思います。
視界無く、また準備不足でルート取りに反省する事が多かったので好天の時にまた来たいと思いますが雪質と天気はなかなか一致しないとは思うのですが。


吾妻連峰 西大巓/teku_teku登山部
1/29(日)日帰り

山スキーの初級者向け山行で西大巓へ。
なかなか当たらない好天で初級者の練習にはピッタリなコンディションでした。

土湯道の駅に集合しグランデコスキー場へ。
小野川湖にはワカサギ釣りの車がいっぱい、テントもたくさん張ってありました。
P1290034(1)
ちょうどタダ券が人数分あって消化したかった事もありスキー初心者の部員1名はゲレンデに置き去りにし4線トップからシールを貼って歩き出す。頑張ってスキー練習していて下さい。
P1290036(1)
トレースがバッチリで楽々上がれます。ラッセルの楽しみは無し。
P1290039(1)
好天の上樹林帯は無風、気温も高く暑い。
P1290042(1)
P1290045(1)
登るにつれ視界が開けます。今日は本当に天気が良く春のようです。
P1290050(1)
P1290051(1)
西吾妻と西大巓山頂。さすがに上は少し風が吹いていてジャケットを着ます。
P1290054(1)
飯豊が白く光っていました。
P1290055(1)
朝日と月山から鳥海まで遠望できます。
P1290059(1)
シールを剥がして東斜面をいただきます。
P1290060(1)
P1290066(1)
なかなか快適!ちょっと重めですが天気が良いので仕方ないですね。
P1290070(1)
ゆっくり休憩してから再びシールを貼りジャケットを脱いで登り返します。
P1290071(1)
P1290072(1)
滑った斜面をトラバース気味にコルへ登り返します。
P1290076(1)
吾妻にもオープンな斜面はあるのです。
P1290077(1)
P1290090(1)
ややトラバースして今度は不動沢の源頭部を滑ってゲレンデ3線乗り場付近へ戻ります。
P1290093(1)
重くなった雪と密な樹林は天気が良い吾妻の南面では仕方ないですね。
ゲレンデでは滑れるようになっても山では様々な斜面や雪質があり苦しめられる事もしばしば、それを含め楽しめるようになれば山スキーにハマれます。
さて、ゲレンデに置き去りにしていた1名と合流しスキー練習。せっかく1日券があるのですからねえ。

teku_teku登山部は女子力が高めです。
ラッセル力があって荷物も背負えるパワフルなアッシー君がほしいところなのですが・・。

吾妻連峰/teku_teku登山部
1/15(日)日帰り

当初は1/14(土)~15(日)で冬山合宿を行う予定だったのだが、雪が少なかったところに大荒れの天気図で計画を変更。行先も直前まで迷い結局通いなれた吾妻に。

P1150002(1)
かなりヤバい道路を高湯温泉へ上がる。下では考えられない大雪の状態にビックリ。
冬ゲートまで入れずに旧ゲート前の駐車スペースを掘って無理やり駐車。
準備していると地元の某山岳会の面々も到着しさらに駐車スペースを広げて何とか駐車する。
P1150004(1)
我々6人は一足早くスタートし道路を冬ゲートまで進む。スキーでスネ。
P1150007(1)
大体膝下、吹きだまりで膝上くらいのラッセルで夏道沿いを上がる。
P1150009(1)
一気に積雪が増えてテンション上がるのは犬と一緒か。
P1150010(1)
P1150011(1)
持ち上げないと自分の板は全く見えない。
P1150013(1)
P1150014(1)
後ろから某山岳会7人も追いついてきて一緒にラッセルし不動沢を通過。
雪は深くなってモモからマタのラッセルに。
後ろに回ると動きが少なく寒い、トップに出ると進まない、悲しいかなトップは1人しかできないのです。
こんな状況で普通にラッセルして進んでいくのは我らがラッセル隊長のM氏だけです。
パワフルだとうことは認識していましたがさすがにスゴいの一言。参りました。ラッセル車並み。
私もちょっと鍛えなおして出直します。
で、結局昼で賽の河原付近。昼まで頑張るという目標を達成したので下ります。
P1150017(1)
P1150018(1)
下りはあっという間。
P1150019(1)
転ぶとなかなか起き上がれません。
P1150020(1)
深すぎてボブスレートレース外すと進みません。
P1150024(1)
戻ってくるとかなり積もってました。一瞬晴れ間が見えましたがこの後もガンガン降ってました。

久しぶりに激ラッセルでテンション上がりましたがトレーニング不足を実感。全く口だけラッセルでした。
しかしここ数年無いくらいの降り方で一気に積もりました。あ~楽しかった。

teku_teku登山部は雪にまみれて遊びます!

↑このページのトップヘ