登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

タグ:吾妻連峰

4/8(日)
ヤケノママ/吾妻連峰

強い寒気が入る悪天予報で山に行くのも微妙な気分だったがヤル気のあるteku部員に行くだけ行ってみるかとヒネリ出した行先がヤケノママ。行く人も稀な吾妻マニアの地です。

20180408_02
天元台スキー場より入山。スキー大会がありけっこうな賑わいです。
20180408_01
3本目のリフトは整備中でちょっと待たされました。けっこうな降雪だったので仕方ありませんね。
20180408_10
一瞬穏やかな天気に思えた。まさかまだ寒気抜けてないよね。
20180408_14
リフトトップよりシールで歩き出す。固く凍った上に新雪、かなり軽いいい雪だ。
20180408_22
中大巓の肩に出ると吹雪、けっこう厳しい環境です。
20180408_19
冬場で経験値は上がってるので大丈夫でしょう。
20180408_25
シールを剥がして下って行きます。
20180408_28
斜面が緩いので新雪積もっちゃうと滑りませんがガリガリよりは相当いいです。
20180408_29
中津川の源頭部に降りていきます。
20180408_32
降り口はちょっと急。
20180408_35
沢床に降りました。
20180408_36
硫黄の臭いがして沢床が硫黄色です。
20180408_37
支流から本流に移動すると開けた土地がありました。
昔小屋があったというがこのあたりだろうか。
20180408_40
20180408_42
沢の合流点あたりに湯気が立ち上っているのが見えました。
20180408_47
雪の付いていない斜面があり地熱が高いのでしょうか。
20180408_54
20180408_58
20180408_51
地形図上はこの辺一体がヤケノママという感じです。
20180408_60
シールを貼って登り返します。視界が開けてきました。
20180408_63
吹き溜まりはけっこうなラッセル、板履いてスネ。
20180408_71
東大巓が見えた。
20180408_73
樹林の濃いところはトレースが残ってます。
20180408_76
風のあたる所はもうトレースが無くなってます。
20180408_81
けっこう向かい風の吹雪で顔が痛い。
中大巓の肩まで戻ってシールを剥がしスキー場に戻りました。

予報通り稜線は吹雪で春とは思えない環境でしたがおかげで季節外れのパウダーをいただきスネラッセルも満喫。あきらめず出掛けてみるものですね。








3/4(日)
吾妻連峰 大沢下り
※1名は大沢登り

天元台から入山して大沢へ下りました。
1名はまたまた変態ぶりを発揮し大沢から登り東大巓で合流し一緒に大沢へ下りました。

先週大平に下ったばかりであまり変わり映えしませんが、気温が上がってどこも雪は悪いだろうと展望を楽しむ山スキー計画です。
計画は天候や雪質、メンバー等を考えて決めるようにしています。その時の条件でできるだけ経験値を上げたり充実感を得られたりする事、もちろん楽しみも考えます。当然体力や技術、経験に差のあるメンバー構成になるのでそれぞれの感覚は異なりますがそこをできるだけすり合わせられればリスクを分散軽減し楽しみを共有することが出来ます。また誰しも初級者が上達していくのは嬉しいものです。経験値の高いものはより低いものへ自分の知識や技術を伝えるというのも充実感につながると思うのです。しかし私が1人で初級者を複数名大沢下りのようなルートに連れ出せるかというとそうではありません。ですからパーティ構成や天候は計画を立てる上で非常に重要、結局いつもバタバタと直前の判断になってしまいます。

今回も直前に大沢下りに決定、日曜の山行計画が決まるのはいつも金曜か土曜です。
大沢へ車を回すので少し早めの6時にteku_tekuに集合し大沢駅へ向かいます。
大沢駅には既に登っているM氏の車があり無線入れてみるが反応は無し。1台をデポして天元台へ。
途中大沢駅に向かう西川チームの方々と思われる車多数とすれ違いました。同じ行程かな?

20180304_02
早めに車を置けたのは良かったがちょっと早く着きすぎてしばらくロープウェイの始発を待つ。
8時の始発に乗れ天気も良かったので3本目のリフトも待つことなくリフトトップへ。
そういえば今回は見習い部員(失礼!)ではないがシミケン氏も参加。知らない人は知らないが知ってる人はいるはず。初級者の面倒は見るという事で参加しているのだが慣れないリフトなんかに乗せたら乗り降りでコケてる。山慣れててもリフト乗車は忘れてしまったのですね、山ヤにありがちです。
リフトに乗車中に登っているM氏に無線を出すが反応なし、砂盛とか忠ちゃんの谷間だと入らないかな。
20180304_05
リフトトップでシールを貼り登り出す。後ろには飯豊が白い。
20180304_07
今日は非常に天気が良い。
20180304_20
中大巓でシールを剥がし緩斜面を滑り出す。波打ったカリカリ。
20180304_23
スキー自体を昨シーズン始めたM嬢は八甲田に続いて大沢下りも参加して素晴らしい上達ぶりです。
20180304_31
南側には少し雪が乗っていて滑りやすい。
リフト乗車でコケてたシミケン氏は山に入ったら水を得た魚のように快調に滑ってくる。
20180304_50
猪苗代湖と右側に磐梯山のトンガリが見える。
20180304_54
西吾妻方向を振り返る。風はやや強いが寒くはない。
20180304_57
Mさんは今シーズンから山スキーを始めたばかり。先週の大平、今週の大沢と地元吾妻のクラシックコースをトレースして素晴らしい。
再びシールを貼って稜線散歩。時折無線を入れるがM氏は反応なし。同行のシミケンさんはアマ無線あり私の呼びかけには反応しているのでこちらの送信トラブルでは無いようだがここで繋がらないのは??ブロック落ちるとすれば砂盛下かまさか忠ちゃんで雪崩なんてないよな~とか微妙に気にしながら進み藤十郎で念のためLINEに書き込みするとどうやらM氏の無線はバッテリー切れでおやすみになったらしい。天気も良く携帯電波も通じているので問題はないですがやっぱり山はドコモです。teku部はソフトバンク禁止!IIJとかドコモ回線を使っている格安スマホに変更を推奨します。ちなみに最近グループ内通話にデジ簡無線を導入して迷子とトラブル対応に使用してみています。
で、東大巓でうまくM氏と出会い、またまた私たちが早かったせいでM氏は山頂での余韻にひたる暇なくそそくさとシール剥がしで申し訳ない。
20180304_64
東大巓からの滑りはカリカリ。
20180304_63
明月荘まで下りましたが相変わらず風は強くどうせ開かないだろうと小屋はスルー。
20180304_69
クジラの斜面を滑ります。
20180304_72
天気は最高!だが雪質はちょっと難しい。
20180304_75
樹林帯に入り風もおさまったので昼食休憩。
20180304_76
するといきなり重ひっつき雪に。誰かが板をつかんでいるよう。
20180304_83
忠ちゃんもひっつき雪で斜面を荒らしまくり。後から来る人がいたらすみません。
20180304_86
砂盛は登ってきたM氏のルート取りでシール貼らずにトラバース、Goodでした。
20180304_94
ますます重くひっつく雪に苦労しながら下ります。展望は最高で暑い。
20180304_102
牧場に出て林道を推進滑降。
20180304_110
線路に降りて終了しました。2時でした。
20180304_107
大沢駅にはデポ車がスシ詰め。やっぱり皆さん同じだったのですね。それにしても後ろを来ているような気配は感じなかったのですが、、。

天元台に戻りオリンピックシーズンで盛り上がったので中屋さんのオリンピック風呂で汗を流しサッパリ。
ご参加の皆様、お疲れ様でございました。






2/25(日)
吾妻連峰 大平下り
※1名は大平登り

天元台から入山し大平へ下りました。
1名は変態ぶりを発揮し大平から登り藤十郎で合流、大平へ下りました。

朝6時半にteku_tekuに集合4人、2台に乗車し大平の除雪終了点に1台をデポします。
ラッセル隊長のM氏は既に単独で朝5時過ぎにここから藤十郎を目指して登っています。
行先を迷って大平下りにした時にきっとこうなるだろうな~とは思っていたのですが。
20180225_01
天元台のゴンドラとリフトを乗り継ぎゲレンデトップへ。
20180225_07
1800からの登りなので標高差はまるで無い。
思ったより積雪があり少々ラッセルはあるが時間もあるので中大巓に登る。
20180225_11
風はけっこう吹いているが視界はあり行動には支障ない。
20180225_12
中大巓山頂付近
20180225_14
人形石方向
20180225_17
人形石へ少し下る。
20180225_21
指導票。シールを剥がします。
20180225_24
ちょっと滑り。
20180225_27
風で少しパックされているが気持ちよく滑れた。
20180225_30
再度シールを貼り小ピークを巻いて藤十郎へ。
20180225_31
けっこう風が強い。
20180225_38
時折遠望がきく。
20180225_43
まだ2月、それなりに寒い。
20180225_50
藤十郎に到着。シールを剥がし滑りの準備。
20180225_52
ガスが抜け視界が開ける。
ラッセル隊長M氏とはアマ無線で連絡がとれていたのでもう上がってくるとわかってはいたが風が強くメチャ寒いので樹林帯まで下がってしまおうかと思っていたところ、
20180225_53
あっ、来た!
ここで滑ってすれ違ったら人でなしなので寒さと手のしびれに耐え待つのです。
で、登りで引いてもらったトレースのおかげでろくにルートも確認せず快適に滑ります。
もちろんけっこう降雪あり樹林帯の雪もなかなか良い感じ、トレースのおかげで緩斜面も苦労無しです。
20180225_59
あっという間に針葉樹林帯を過ぎダケカンバの疎林もなかなか快適です。
20180225_61
20180225_62
間々川屈曲部の渡渉点。
20180225_65
通常は小ピークをトラバースするようなのですが時間もあるので登ってみました。
でも小ピークからの滑り方向はヤブが密でやはり登りきらないで横移動した方が良いようです。
20180225_69
ここらの疎林もそれなりに滑れます。
20180225_74
不忘閣があったところ。
20180225_77
あとは道路型を下ります。
20180225_78
最後のクネクネ道路型は崩れた雪だらけ。
除雪終了点に下って終了。13時と早かったので天元台に車回収に戻ったついでに温泉に入り福島へ戻りました。
ラッセルM氏は充実感たっぷりな感じでしたが私は何かちょっと運動不足な感じ、ほとんど登っていないんですからねえ、、まあこのくらいがちょうどいいのかもしれません。
しかし今日はテレターンは数回しかしなかったような・・、テレって道路型を歩いて下山するのに便利なだけなのかな~。


1/7(日)
グランデコベース~4線トップ~西大巓~東斜面1から3回~南斜面~3線トップ~グランデコベース

今回は山スキー初級者向けの練習山行、シール歩行初めての人も含みどこへ行くかが悩ましい。
天気図上はあまり問題ないように思えるが風の強い予報で迷った末に西大巓へ。
南面の樹林帯なんで上がダメでも色々やれる事はあるでしょう。

急ぐ事もないのでゆっくりの時間に道の駅に集合し車2台でグランデコへ、今日はteku_teku登山部6名+入部希望者1名の総勢7名。
休日のグランデコは今どきの東北のスキー場とは思えない混雑ぶり、スキー人気も戻ってきたのだろうか。
P1070222(1)
今回も楽してゴンドラ/リフトを使用。
リフトトップからだと西大巓山頂まで僅か400m程の標高差しかない。
我が登山部のラッセル隊長M氏はゴンドラ初乗車、おめでとうございます。
きっとこんな乗り物に金を払うくらいなら下から登って帰りの温泉とラーメンにでも使った方がマシだと思った事でしょうね、お付き合いありがとうございます。
P1070224(1)
リフトトップから樹林帯を登ります。
先行者のトレースがバッチリで楽しいラッセルは全くありません。
仕方なくたまに脇を歩いたりして暇つぶし。
P1070232(1)
シール歩行のコツなんかを講釈しながら上がっていく、まあ歩いてりゃ慣れます。
P1070242(1)
視界が開けてくる。
ガスがかかったり晴れたりという感じ。
P1070248(1)
ニセピーク手前、スキーの場合ニセピークは登らず巻いた方が初級者向きです。
通常ニセピークへのトレースが濃いが今回はちゃんと巻きにもトレースが付いていた。
P1070252(1)
P1070259(1)
ニセピークを巻いて南斜面を登る。
P1070262(1)
鞍部に出ると山頂はすぐだ。
山頂に到着後ピットチェックのやり方を解説、今日は40cm程に弱層を確認したが比較的安定している。
P1070265(1)
シールを剥がし滑降準備。
teku部女子はややビビリの入っている人も、写真はきまってますよ。
P1070268(1)
締まった上のフワフワ斜面。視界もあってラッキー!
P1070269(1)
喜ぶ人あり、ビビる人あり。
P1070272(1)
シール貼って登り返し、3回も滑った人も。
P1070277(1)
僅かな標高差だが休む暇がないんでハアハアします。
P1070317(1)
お次は南斜面滑を滑ります。既に食いカスになってましたが僅かな食い残しをいただきます。
その後はやや密林を滑り途中で昼飯、簡単な縦穴ビバーク方を確認、ケガなんかした時有効ですんで。
3線トップ下に出て終了しました。やっぱりゲレンデに出ると何か場違いな感じです。

teku登山部は登山用品teku_tekuのお客様で作る部活ですんでよそで一式揃えて山スキーだけ一緒に連れて行って!というのはサスガに勘弁して下さい~。



12/24(日)
天元台リフトトップ~凡天岩~西吾妻山~西吾妻小屋~若女平~白布温泉

仕事の峠は越えたと思っていたのだがやはり年末近くなるとバタバタするもの。
行先も計画書もメンバーも前日にパタパタと決まり、結局クリスマスイブにteku登山部のオジサン3人で若女下りへ行く事に。雪が少ないのは認識してたのでワカンも持参です。

PC240116(1)
疲労が蓄積していたので大金を払ってゴンドラ/リフトを使うプランにしてもらいリフトトップへ。
PC240124(1)
シールを貼って歩き出す。振り返ると飯豊が神々しく白い。
PC240125(1)
雪は締まっていてラッセルは少ない。
PC240126(1)
樹林をぬって中大巓の肩へ上がっていく。
PC240128(1)
まだ雪が少ないので部分的に樹林が濃く落とし穴にハマる人も・・。
PC240130(1)
中大巓の肩まで上がると遠望がききます。
丈夫な人がハマッた時はゆっくり休憩して待ちます。初級者だったら救出に向かうけど。
PC240133(1)
天狗・凡天方向、樹氷が成長中です。
PC240140(1)
PC240151(1)
樹氷鑑賞しながら開けた斜面を登っていく。
PC240157(1)
吾妻の稜線が家形まで見渡せる。
PC240160(1)
PC240164(1)
凡天岩。今日は寒くも無く穏やかな天気、風も弱い。
PC240173(1)
樹氷の間を縫って西吾妻へ登っていく。
PC240182(1)
西吾妻の山頂は平らでどこが山頂か分かりにくい。
ウサギの足跡は同じ所を通っているようだが。
PC240187(1)
思っていたより樹氷がきれいでこの季節としては素晴らしい景観。
PC240198(1)
磐梯山方向もきれいに見えた。
PC240201(1)
西吾妻小屋へ下る。小屋のバックは飯豊が白く浮かぶ。
PC240203(1)
小屋へ下る斜面はいつもどこを降りるか迷うが樹の空いている所が少ない。
小屋でゆっくり休憩してカップラを食い出発しようと外へ出ると日頃お世話になっている山岳会のお二人が上がってきた。同じ山岳会の若手が若女を下から上がっているという。
雲行きが怪しくガスってきたのでそそくさと下る。雪が少ないのは承知していたがあえて沢ルートを下ってみる事に。
PC240206(1)
最初の200位はまあまあ滑れたがその後は微妙に沢形がはっきりして埋まりきっていない感じ。
ちょっと穴も開いてきたので仕方なくトラバースして尾根の夏道ルートへ修正。
が、このトラバースは激ヤブ、本来であればもう少し下がってからトラバースすると楽なのだが仕方がない。
PC240212(1)
で、夏道のルートに修正してもなお激ヤブとの闘いとなりついルートを外してしまう。
PC240213(1)
こんな混み混み滑れません!
PC240214(1)
若女平までは楽しく滑れると思っていたのだがまだまだだった。
PC240219(1)
若女平の下部で下から往復しているトレースを見つけちょっとホッとした。
下から往復の皆様、お疲れ様でございます。トレースありがたく追わせいただきました。
PC240220(1)
ヤセ尾根や唐松林を滑るというよりは板を使って下り移動しているような感じで下り、小坂の急斜面では岩が出てきた。
ワカンは準備していたが私は何とか板のまま下り、古い板にしといて良かった~という感じ。妙な充実感はありましたが。板を大事にしている人たちはサクッと担いで下りました。

道路に出て車を取りに歩こうと靴を緩めたらなんと!ウォークモードのままだった。どうりで今日は良く転ぶ訳だ。NEW靴にしたんで全く気付きませんでした。
で、温泉入浴して帰ろうという事だったが、スンマセン!私昨日バタバタ準備したんで温泉セット持ってきませんでした。申し訳ない、次回はちゃんと準備します。

いずれにしても年末の寒波に期待です。


※最近teku登山部の山行にまざりたいという問い合わせをいただきます。ありがたい事なのですがteku登山部はガイド登山や旅行会社のツアー登山ではありません。入部希望の方はまずteku_teku登山部のルール(補足)をご確認下さいませ。




↑このページのトップヘ