登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

カテゴリ: 山スキー(記録)

姥沢~牛首~姥ケ岳~装束場~石跳沢~馬立沢~スキー場~姥ケ岳~姥沢
(視界無く強風で牛首で戻り。)
4/16(日)日帰り

天候が今一つなのは認識していましたが恒例の月山へ。
本当は南会津方面の天気が良さそうで心惹かれたのですが色々考え無難な選択です。

当日朝、肘折ルートへ向かう知り合いを夜間ゲートから姥沢に乗せる可能性もあり急いだがヒッチでOKだったようで一安心。
P4160022(1)
姥沢Pは思ったほど混んでおらずスムーズに駐車しリフト乗り場へ移動。
リフトに乗ると強風でやっと動いている感じでたまに止まる始末。
P4160026(1)
姥ケ岳には大勢が登っている。
P4160025(1)
リフト上駅から少し歩いてからちょっと滑り降りシールを付け歩き出す。
P4160023(1)
あっという間にガスが降りてきた。
P4160030(1)
歩き出すとすぐガスの中。GPS行動に。
結局尾根に上がると風も強く視界無し。しばらく様子を見るも回復のきざしも無く牛首で上がるのをやめた。
おそらく上がる事は可能でも下りの滑りで離れてしま事を考えると初級者中心のパーティ構成ではリスクが高い。
P4160051(1)
折り返して視界のない中姥ケ岳に上がり滑り出すと途中で視界が開けた。
雪はほど良いザラメで気持ちよく飛ばせる。快適!
P4160061(1)
けっこう楽しめた。
P4160055(1)
湯殿の斜面が魅力的だったが無難に石跳沢を下る。
P4160073(1)
高度が下がると天気も良く春の陽気。
P4160076(1)
ネイチャーセンターに下がっても仕方ないので馬立沢の脇を登る。
P4160078(1)
ブナ林の登りも気持ちが良い。
P4160082(1)
湯殿が綺麗に見える。
P4160087(1)
登りも練習してもらわないとあちこち行けません。体力余っちゃうし。
P4160098(1)
姥の斜面を1本滑って終了。今年スキーを始めたM嬢も上達してます。

2週連続で悪天。雪はなかなか良いのですが・・。
仕方ないので温泉に入って出羽屋で山菜そば、大変おいしゅうございました。

肘折や品倉尾根に行ったパーティも後から話を聞くと爆風の中GPS行動。
この山域の高い所は修行の場だったようです。南会津は天気良かったようで・・。

浄土平~東吾妻~前大巓~蓬莱山~浄土平
(天候とペースの都合で平石山はカット。)
4/9(日)日帰り

吾妻スカイラインが開いたので出掛けてきました。
当初は月山方面も考えていたのですが、天候も今一つで初めてご一緒する方もいたので無難な近場です。

スカイラインの開通時間に合わせてゲートを通過しスムーズに浄土平へ上がる。雨模様・・。
で、レストハウスが開いておらずビジターセンターも工事中でトイレ待ちでちょっと時間をロス。
レストハウスは9時からなんだそうで・・、でも例年は開いていたと思うのですが。

P4090001(1)
歩き出しから雨。テンション上がりません。
P4090005(1)
東吾妻方面へ。今日はS君しか行ってない感じ。
P4090009(1)
雨から雪になり顔が痛い、視界も微妙に。
初参加のOさんは足がつりペースが上がらない。
P4090011(1)
時折視界が開ける。
P4090013(1)
東吾妻。強風はいつもの事か。
P4090018(1)
シールをはがし北東の沢筋を滑る。雪は悪くない。
P4090019(1)
見えるタイミングもある。
P4090021(1)
再びシールをはる。
P4090023(1)
P4090024(1)
鎌沼の東側を移動。
P4090026(1)
視界無くペースも上がらないのでちょっと迷ったが前大巓に上がる事に。
P4090031(1)
やっぱり視界無し。これでも東吾妻の上よりは穏やか。
P4090033(1)
仕方なく白い中を滑って酸ケ平へ。天候とペースの都合で平石山はカット。
トラバースした後蓬莱山を滑って終了。蓬莱山の中段からいきなりひっつき雪になり危うく前転しそうでした。

冬は吹雪いてラッセルとかテンション上がりますが、春の雨はさすがにテンション上がりません。
まあ、こんな日もありますが行かないよりは行った方がスッキリしますね。
今シーズンの吾妻は雪が多いです。3月に降った分がまだ締まっていませんのでスキーの方は良いのですが、ツボはまだちょっと大変かも、ワカンくらいはほしいところです。雨も降っているので寒暖差があると締まっていくとは思うのですが。

猫魔スキー場~雄国沼~雄国山~ラピスパ裏磐梯
4/5(水)日帰り

またまた誘われたので喜んで出掛けてきました。
行先は猫魔~ラピスパのコース。標高差も無く軽い半日コースですが、車を回したりしなければならないのでなかなか1人では行かないのです。バスを使うという手もあるのですがねえ。

運動公園Pに集合しラピスパへ、私が集合時間に5分も遅れたのでやや急いだ結果1時間ちょっとでラピスパに着いてしまい現地集合組が来るのをボケっと待つ。今日はすこぶる天気が良い。
1台車をデポして猫魔スキー場に移動。リフトチケット1回券の購入、パトロールに登山届等全て人にやってもらい私は何もせずです、ありがとうございます。おまけに急に来られなくなったメンバーもあり面倒を見る対象も失い今日の私は何の役目も無いという状態に。ある意味夢のような・・。

P4050002(1)
リフトトップ。無風快晴。GPS確認。
P4050004(1)
滑り出し。地形図確認。
O嬢は体力もありスキーも上手く、地図読みなんかを習得中。
P4050007(1)
締まった雪でなかなか滑りは良い。
P4050009(1)
雄国沼が見えた。
P4050010(1)
雄国山方向。
P4050012(1)
雄国沼。
P4050014(1)
堰堤を歩く。この時期としては雪が多い。
P4050016(1)
休憩舎。扉が開けっ放し、あり得ないですね~。
P4050015(1)
シールを貼って雄国山方向に歩き出す。
P4050019(1)
P4050018(1)
コルに上がる。私が背負うべきワカンも持ってもらっちゃって・・、頼もしいですね。
将来誘ってもらえるようにゴマを擦っておかないとイカんです。
P4050023(1)
雄国山へ。
P4050024(1)
飯豊は真っ白、ちょっと霞んできた。
P4050026(1)
雄国沼全景。
P4050034(1)
飯豊と吾妻の間には飯盛や栂峰と思われる山域も白く見える。
P4050032(1)
磐梯山と奥は安達太良。
P4050037(1)
シールをはがし滑り出す。
何とここまでモービルの跡が、ラピスパ下の牧場から上がってきているようです。
P4050043(1)
一滑りして休憩し再びシールで登る。
O嬢、地図読み習得に熱心、スバラしいです。
何とこの後夜勤なんだって・・・、恐れ入ります、若いってスバラシイ。
まあ、そうゆう時が無いと何でも上達しないんですけど。
P4050044(1)
P4050045(1)
最後に急斜面下りて終了。既に雪は重々。
この後寒暖差があると良いザラメになっていくと思うのですが。

なんか、私楽して混ざっただけ、スンマセン。ありがとうございました!

吾妻連峰 二十日平
3/29(水) 日帰り

地元の山岳会メンバーに誘われデコ~二十日平下りに行ってきました。

2週連続で水定休に仕事をしてたんでどこかに行きたいな~と思っていたとこに声を掛けてもらいちゃっかり乗りました。
週末に山行ってるんで水仕事になるのは当然といえば当然ですが、意外と定休日って休めないものなのです。
いつも行く山を考えたりメンバーを確認したりなのでたまに誘われると嬉しい!すぐ乗っちゃいます。
私、誘われれば車も出しますしラッセルも可能でケツ持ちも出来ます。是非誘ってください!人の計画に乗るのって正直非常に楽なのです。まあ、乗ってばかりもどうかと思うので人を誘えるレベルにならないとダメなんですけどねえ。誘い合えるくらいが山仲間のベストな関係だと思います。

で、運動公園Pに集合しグランデコへ向かいます。デコで現地集合のメンバーと合流しゴンドラ/4線を使ってゲレンデトップへ。
P3290001(1)
P3290004(1)
月曜に雪降ったんでラッセルと思ってたのですが、スキートレースあり大した労力も無く登ります。
風も弱く最初からジャケットを脱いでちょうどいいくらい。
P3290005(1)
いい雪深く滑りが期待できそう。
P3290007(1)
風のあたる斜面はトレースも消えかけています。遠望は無し。
P3290012(1)
視界は良くなったり悪くなったりという感じ。
P3290015(1)
西大巓に着く頃には真っ白に。天気予報は良いハズですが寒気が抜けきらない感じ。
ニセピークを巻いて直接西大巓へ、やっぱりこれが良いコース取りと思います。
P3290018(1)
西大巓山頂でピットチェック。
P3290019(1)
P3290022(1)
雪を掘って切り出します。
P3290025(1)
圧を掛けて弱層を確認。
P3290028(1)
破断面の観察。

歩いていた時には弱層を感じたのですが、実際掘ってみると思ったより安定していました。
でも3月の雪とは思えません。降り続いて積もった感じです。
登っていても感じたのですがこの時期でこんなに雪が多いのは私は初めてです。
東斜面の雪庇もかなり大きくなっていました。今シーズンの吾妻はメチャ雪が多いです。
で、結局視界がまるで無く、待っても回復するどころかさらに悪くなる状態だったので東斜面の滑降はあきらめ西吾妻へ向かいます。

P3290032(1)
たまに視界が開けるがすぐ悪くなってしまう。
P3290033(1)
西吾妻小屋、昼食。
入口がしっかり閉まっておらずかなりの雪が吹き込んでいたのでスコップ出して除雪作業、きちんと閉まるようになりました。
P3290034(1)
P3290035(1)
西吾妻へ登ります。真っ白。
P3290038(1)
山頂らしき所。
P3290049(1)
滑り出す。視界悪くルート取りは慎重に。
P3290051(1)
深い!ふわふわ!3月とは思えない雪です。
P3290052(1)
読図の練習。
P3290054(1)
下は穏やかな春です。二十日平あたりからは雪が重くなりました。
P3290061(1)
作業道の渡渉点をブリッジで越してスキー場に戻りました。

上部の視界があればもう少し滑りを楽しめたのですがまあ仕方ありません。
そのおかげで3月とは思えない深い雪を堪能できました。今シーズン最後のパウダーかな~。

別件ですが・・、
一昨日に那須と安達太良で雪崩による事故がありました。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに怪我をされた方々が早期に回復されますよう願っております。
また、様々な形で関係されている皆様が健康を害されませんよう願っております。


秋田八幡平/teku_teku登山部
3/18(土)~19(日) 1泊2日

1日目から続きです。

前回の刈田岳から参加のM嬢、スキー自体を今シーズン始めたばかりですが悪天でもメゲず弱音も吐かなかったので今回も参加となりました。やっとボーゲンくらいですが昨日も何とか頑張れた感じ。あとは山の経験をどんどん積めば良いかな~というところです。
スキー3シーズン目くらいのD嬢もシーズン券買って20回くらいはゲレンデ行ってるとか。頑張ってますね。
頑張っている仲間を応援したくなるのは山屋の心意気というところで、今シーズンは山スキー初級者向けの山行を増やしています。

2日目は八幡平山頂へ、朝飯を食いスキー場へ向かいます。
ここのスキー場はリフトが9時からとちょっと遅いのでのんびり出発。で準備していると通りすがりのおばさまが蒸の湯まで車で入れますよという、ハテ?朝ゲートは閉まっていたように思うのだが・・、でも17日から通れるのだという。つまりリフトに乗らないで先まで車で行けるらしいのだ。
で、一旦撤収して車で蒸の湯へ向かう。何と朝閉まっていたゲートが開いているではないか、よく確認すると朝8時半から通行できるとの事、さっぱり知りませんでした。

P3190033(1)
で、ラッキーな事に蒸の湯分岐の休憩舎まで車で入れました。
おばさまありがとうございます!きちんとお礼も言わずにすみません。
P3190034(1)
準備をして登り始めます。昨日登った山域が後ろに見えています。
P3190036(1)
今日はすこぶる天気が良く絶好の山日和になりました。
P3190042(1)
風も無く穏やか、汗かきます。気分最高!私がいても晴れることもあるのです。
P3190045(1)
先行者のトレースがバッチリで全くラッセル無し。楽過ぎます。
P3190050(1)
登るにつれ樹氷が出来てきました。
P3190051(1)
最高の天気!
P3190068(1)
P3190070(1)
つい写真を撮ってしまいますね。
P3190075(1)
P3190078(1)
遠くに森吉山が浮かんでいます。手前が焼山山域。
P3190091(1)
P3190102(1)
P3190096(1)
樹氷が見事です。
P3190113(1)
八幡平はなだらかな地形、天気が良いと天国ですが視界が無いと困難に。
P3190121(1)
昨年はこの辺が真っ白で強風、深いラッセルの中方向を失って厳しかったのを思い出します。
P3190127(1)
山頂に到着!
P3190130(1)
岩手側に少し歩くと岩手山が立派に見えます。
P3190138(1)
ついでに少し下って避難小屋で昼食休憩。
P3190139(1)
少し風が出てきましたがまだまだ天気いいです。
P3190145(1)
P3190151(1)
下りはあっという間。

樹氷は八甲田、八幡平、蔵王が有名ですが八甲田と蔵王は誰でもロープウェイに乗って見に行く事ができます。八幡平はそれなりに歩いて行かないと樹氷原は見られません。
今回はたまたま晴れ、しかも前日に吹雪いていたので真っ白な見事な樹氷原が見られました。
なかなか出会えない光景で非常にラッキーでした。一緒に行った皆さんにも良いタイミングで八幡平の樹氷を見てもらえて大変良かったです。

下山して温泉入浴し鹿角ホルモン食って帰りました。
前回の教訓を生かして今回はホルモン2回戦、腹いっぱいになりました。

teku_teku登山部は山仲間求をめてますが、あくまで「一緒に行ける仲間」です。
連れていってほしい方ではありません。最近問い合わせが多いので一応念のため。
で、「登山部」なんでやっているのは登山です。スキー部ではありませんでバックカントリーとかツアーというオシャレな響きのものではありません。いわゆるスキー登山、山スキーですね。

春のスキー登山が楽しみ!な季節になってきました。



↑このページのトップヘ