登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

カテゴリ: 山スキー(記録)

4/8(日)
ヤケノママ/吾妻連峰

強い寒気が入る悪天予報で山に行くのも微妙な気分だったがヤル気のあるteku部員に行くだけ行ってみるかとヒネリ出した行先がヤケノママ。行く人も稀な吾妻マニアの地です。

20180408_02
天元台スキー場より入山。スキー大会がありけっこうな賑わいです。
20180408_01
3本目のリフトは整備中でちょっと待たされました。けっこうな降雪だったので仕方ありませんね。
20180408_10
一瞬穏やかな天気に思えた。まさかまだ寒気抜けてないよね。
20180408_14
リフトトップよりシールで歩き出す。固く凍った上に新雪、かなり軽いいい雪だ。
20180408_22
中大巓の肩に出ると吹雪、けっこう厳しい環境です。
20180408_19
冬場で経験値は上がってるので大丈夫でしょう。
20180408_25
シールを剥がして下って行きます。
20180408_28
斜面が緩いので新雪積もっちゃうと滑りませんがガリガリよりは相当いいです。
20180408_29
中津川の源頭部に降りていきます。
20180408_32
降り口はちょっと急。
20180408_35
沢床に降りました。
20180408_36
硫黄の臭いがして沢床が硫黄色です。
20180408_37
支流から本流に移動すると開けた土地がありました。
昔小屋があったというがこのあたりだろうか。
20180408_40
20180408_42
沢の合流点あたりに湯気が立ち上っているのが見えました。
20180408_47
雪の付いていない斜面があり地熱が高いのでしょうか。
20180408_54
20180408_58
20180408_51
地形図上はこの辺一体がヤケノママという感じです。
20180408_60
シールを貼って登り返します。視界が開けてきました。
20180408_63
吹き溜まりはけっこうなラッセル、板履いてスネ。
20180408_71
東大巓が見えた。
20180408_73
樹林の濃いところはトレースが残ってます。
20180408_76
風のあたる所はもうトレースが無くなってます。
20180408_81
けっこう向かい風の吹雪で顔が痛い。
中大巓の肩まで戻ってシールを剥がしスキー場に戻りました。

予報通り稜線は吹雪で春とは思えない環境でしたがおかげで季節外れのパウダーをいただきスネラッセルも満喫。あきらめず出掛けてみるものですね。








4/1(日)
守門大岳

当初は中島台からの鳥海山へ行く予定だったのだが北の方面の微妙な天気予報に行先を変更し守門大岳へ行く事に。
例の如く朝5時に松川Pに集合し磐越道安田ICとR290で二分の除雪終了点へ。メチャ車がたくさんいてビックリ、メジャーな山なのですね。
20180401_01
路肩のズラ~っと並んだ車の最後尾に駐車し歩く事2~300mはあっただろうか、除雪終了点でスキーを履く。
20180401_05
穏やかな天気の中歩き出す。風も無くシェルは不要。
20180401_10
一部板を担いで長峰の尾根に上がる。
20180401_17
奥に守門からの稜線が見えた。
20180401_20
少し沢筋へ下がると保久礼小屋があった。クラシックな感じ。
20180401_24
大岳への尾根を真っすぐ登高。
20180401_25
天気が良く遠望がきく。
20180401_26
キビタキ小屋は埋まっていて犬小屋みたい。
20180401_30
景観が素晴らしい。
20180401_38
あたりには滑りたくなる斜面がいっぱい。
20180401_42
大岳山頂へは大勢の人が登っている。ツボ足残者が多くスキーの方が少ない。
20180401_45
これから向かう中津又岳方向。
20180401_49
山頂
20180401_51
守門岳方向。うっかりしていると巨大な雪庇に乗ってしまう。
20180401_57
シールを剥がして滑り出す。
20180401_68
おいしそうな斜面が続く。
20180401_73
上部は非常に良いザラメで滑りやすい。
20180401_93
大斜面
20180401_110
徐々に雪が重くなってくるが楽しく滑れる。
20180401_123
保久礼小屋で登りトレースに合わさり下る。
20180401_124
登りで板を担いだ箇所を迂回して何とか雪のつながった道路のノリを降りれた。
20180401_125
下部は賞味期限ギリギリだった。
今シーズン標高の低い所の雪解けが早いのでスタート/ゴールの標高が低い山はそろそろ賞味期限が切れそう。
気温も高く風も無く大汗かいて下山、温泉入浴でサッパリして福島へ戻りました。
春の日曜とはいえ登山者が多くてビックリしました。東北のマイナーな山にも是非来てほしいです。




3/25(日)
三岩岳

11月から日曜を山行日にして正月以外1週も無駄にせず山に出掛けているのでそろそろ家の事もやらないとイカンかなと思ってはいるのだが、これでも庭木の植え替えとか剪定とか掃除片付けとかしたいと思ってはいるのです。でも好天予報を見ると何だか勿体ない気がしてに賞味期限が切れる前に南会津へ。

朝5時に松川Pに集合し二本松ICで2人をピックアップし白川中央SI経由で小豆温泉スノーシェッドへ向かう。
早く行かないと駐車スペースに困るかなと心配しつつ到着すると2台しか止まっていなかった。準備して8時過ぎに歩き始める。

20180325_02
登り始めがやや急なので最初から板を担いで登る。足元はアイゼンかキック。山は見えずやや風が強い。
20180325_07
30分程頑張り尾根に取り付く。陽が差してきた。
20180325_16
シール歩行に切り替え細尾根を登る。まだギリギリ雪がつながっているので板をぬがずに登れる。
20180325_19
緩斜面と急斜面が交互に現れる。急斜面はキックターンの練習に丁度良い。
20180325_27
天気が良くなってきた。風が止まると暑いが風が吹くと寒い。
20180325_29
雪は凍った上に少し新しい雪が付いてザラメ化してきている。
20180325_37
窓明が見えた。白く美しい。
20180325_41
ときおり強い風が吹くが景色は最高。
20180325_45
窓明を眺めて小休止。
20180325_63
三岩も見えた。
20180325_80
避難小屋。
20180325_82
完全埋没で掘り出す気にならない。
20180325_103
山頂直下はさすがに凍っている。
20180325_104
遠望がきいて素晴らしい景観。
20180325_108
山頂に着いた。12時半。
20180325_111
大戸沢方向。
20180325_122
シールを剥がして滑り始める。
20180325_150
20180325_165
20180325_171
楽しく滑り下る。
20180325_190
大休止。
20180325_199
さらに滑る。陽が差しすぎて雪が重くなってきた。
20180325_204
窓明を振り返る。
20180325_207
皆さんいい顔です。
20180325_215
こんな三岩岳にまた会えるだろうか。
20180325_219
で、油断して板を沢に流して頭を抱える人あり。
20180325_222
沢まで下って回収してくる人あり。大事に至らなくて良かった!
20180325_227
賞味期限間近の尾根を下って終了しました。
好天の日曜だというのに駐車は我々含めて3台、行き会ったのは2人のみと静かな山でした。皆さん何処へ?
古町温泉で汗を流しいつもの和泉屋魚店でにしん山椒を買い福島へ戻りました。
ご参加の皆様、お疲れ様でした。





3/17(土)~18(日)
秋田駒ケ岳と乳頭山②です。

昨日は予報に反してスッキリしない天気だったがさすがに今日は好天が期待できる。
問題は山頂下がどれくらいカリカリか、昨日よりは温度が上がる予報だが山頂部は最高でもー5℃くらいだろうから日が差して風がないという条件でないとまず緩まない。ちなみに昨日は-10℃くらい、秋田恐るべし。
今日はteku部の日帰りパーティが窓明山へ出かける予定になっているが桧枝岐の方が気温が上がって条件は良いだろう。

20180318_29
孫六温泉の入り口から歩き出す。
20180318_28
除雪されているので雪が薄く板を履いていこうと思ったが途中で脱いだ。
孫六温泉は何と大雪でこのアプローチが雪崩リスクが高いために休業中だった。
確かに道を除雪している為に斜面の下支えが無く上部の雪庇の崩落もあり雨が降ったり温度が上がるとマズそう。客を通す状態ではないかも。
20180318_32
孫六温泉手前の橋を渡り最初の取付きは板を担いでキックで上がる。
雪が柔らかければシールでも上がれるだろう。
20180318_35
ブナ林をなだらかに登っていく。雰囲気のいい森だ。
20180318_36
針葉樹帯に入ると秋田駒が見えた。
20180318_41
秋田駒と右奥が鳥海山。今日は非常に展望が良い。
20180318_45
余裕です。
20180318_54
乳頭山方向
20180318_60
田代平に出た。
20180318_62
森吉山と八幡平方向
20180318_66
田代平の小屋。雨でしずんだとはいえかなりの積雪だ。
20180318_69
徐々にカリカリに。
20180318_74
スキーアイゼンを効かせて登る。
20180318_77
スキーをデポして山頂へ。田沢湖が見下ろせる。
20180318_89
山頂部。
20180318_86
20180318_87
山頂。
20180318_81
岩手山が美しい。

山頂で景色を楽しみスキーをデポした所に戻りシールを剥がして慎重に滑る。直下はカリカリだがそれなりに楽しく滑れた。
小屋でゆっくり昼飯を食べているとテレのガイドツアーと思われる人達が小屋へ戻ってきた。山頂へは行かず小屋の上のカリカリ途中にいた人達で昨日の秋田駒でも見かけていた。あれっ!何と南会津のテレガイドAさんではないの。こんな所で福島人が出会うとは。聞くと毎年恒例の岩手秋田ツアーだそうでした。ビックリ、世の中狭いですね。
小屋からの下りはカリの上にサラッと新しい雪がのっていたのでそこそこ快適に滑ってあっという間に下山。色んな要素があって展望も良く楽しめました。
温泉入って汗を流し盛岡冷麺食って福島へ戻り。展望と温泉を満喫できて良かったです。お疲れ様でした。








3/17(土)~18(日)
秋田駒ケ岳と乳頭山

昨年のこの時期は秋田八幡平で素晴らしい樹氷を見ることができた。もちろん泊まりは後生掛。
今シーズンもニーズがあったのだが後生掛の自炊部が改築中で部屋数が少なく予約が入らない。
色々と迷った末、温泉ニーズと山スキーの両立で秋田駒ケ岳と乳頭山に行く事にした。もちろん泊まりは水沢温泉です。

朝ちょっと早めに4時半teku_tekuに集合し東北道を盛岡へ。
盛岡IC手前から青い空に岩手山が白く美しい。好天が期待できそうだ。田沢湖方向に向かう山容は少し雲がかかっているが天気予報や寒気の動きから良くなるハズ。
今回は1日目と2日目で秋田駒と乳頭山のどちらから登るか現地で決めようと考えていた。事前の気象情報ではちょっと決めかねていたし秋田駒に臨時の火山情報も出されていたからだ。
秋田駒の登山口、アルパこまくさに到着し山を見ると少し雲はかかっているがじきに晴れるだろうと秋田駒へ登る事にした。道中に見えた岩手山のスッキリ晴れた姿に影響されたのは言うまでもない。

20180317_01
閉鎖したスキー場から登り始める。
20180317_07
なだらかに登っていく。
何故か雪が降ってくる。ハテ、寒気は抜けていくハズだが。
20180317_12
一瞬だが晴れ間が見えた。やはり日が差すと美しい。
20180317_16
何故か視界が乏しくなったり。樹林帯を抜けるとガリガリです。
20180317_18
秋田をなめんなよという感じ?春なのにい~。
で、とりあえず八合目の避難小屋に入り昼飯食って様子見。
登りですれ違った人たちは全て避難小屋で引き返してきたと言っていた。カリカリなんで。
20180317_22
とりあえずスキーアイゼンを使った事がないメンバーもいたので練習を兼ねて小屋から上がってみる。
阿弥陀池あたりまで行って考えっかな~と思ったがかなりのガリガリ。行けないことはないが下りやトラバースでコケると止まらず場所が悪いとアウトなのであまり粘らずヤメにした。
20180317_25
ガリガリを慎重に滑り降り、樹林帯に入ると凍った上に新しい雪が乗っていてそれなりに快適に滑れた。
あっという間に下り、仕方ないので田沢湖方面へちょっと観光。秋田犬の子犬を見られたのは良かったかな。
その後は水沢温泉でまったり、温泉も堪能できました。

2日目へ続く。


↑このページのトップヘ