登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

カテゴリ: 登山(記録)

吾妻連峰/teku_teku登山部
1/15(日)日帰り

当初は1/14(土)~15(日)で冬山合宿を行う予定だったのだが、雪が少なかったところに大荒れの天気図で計画を変更。行先も直前まで迷い結局通いなれた吾妻に。

P1150002(1)
かなりヤバい道路を高湯温泉へ上がる。下では考えられない大雪の状態にビックリ。
冬ゲートまで入れずに旧ゲート前の駐車スペースを掘って無理やり駐車。
準備していると地元の某山岳会の面々も到着しさらに駐車スペースを広げて何とか駐車する。
P1150004(1)
我々6人は一足早くスタートし道路を冬ゲートまで進む。スキーでスネ。
P1150007(1)
大体膝下、吹きだまりで膝上くらいのラッセルで夏道沿いを上がる。
P1150009(1)
一気に積雪が増えてテンション上がるのは犬と一緒か。
P1150010(1)
P1150011(1)
持ち上げないと自分の板は全く見えない。
P1150013(1)
P1150014(1)
後ろから某山岳会7人も追いついてきて一緒にラッセルし不動沢を通過。
雪は深くなってモモからマタのラッセルに。
後ろに回ると動きが少なく寒い、トップに出ると進まない、悲しいかなトップは1人しかできないのです。
こんな状況で普通にラッセルして進んでいくのは我らがラッセル隊長のM氏だけです。
パワフルだとうことは認識していましたがさすがにスゴいの一言。参りました。ラッセル車並み。
私もちょっと鍛えなおして出直します。
で、結局昼で賽の河原付近。昼まで頑張るという目標を達成したので下ります。
P1150017(1)
P1150018(1)
下りはあっという間。
P1150019(1)
転ぶとなかなか起き上がれません。
P1150020(1)
深すぎてボブスレートレース外すと進みません。
P1150024(1)
戻ってくるとかなり積もってました。一瞬晴れ間が見えましたがこの後もガンガン降ってました。

久しぶりに激ラッセルでテンション上がりましたがトレーニング不足を実感。全く口だけラッセルでした。
しかしここ数年無いくらいの降り方で一気に積もりました。あ~楽しかった。

teku_teku登山部は雪にまみれて遊びます!

裏磐梯丸山/teku_teku登山部
1/8(日)日帰り

teku_teku登山部の初級者向け冬山入門登山です。
場所は近場で雪の量を考えると天元台かグランデコから上がるのが正解ではあるのですが、連休と小雪でのスキー場の混み具合等を考え裏磐梯スキー場から丸山に上がってみる事にしました。
参加者は山スキー初級者と冬山自体初心者のスノーシューの混成、山から戻ってスキーの練習もしたいという事で。

土湯道の駅に集合し車2台で裏磐梯スキー場へ。
P1080001(1)
裏磐梯スキー場のリフトでゲレンデトップ。楽しすぎか・・。
P1080004(1)
P1080003(1)
ゲレンデトップから歩き出す。すこぶる天気が良い上ほぼ無風。暑いくらい。
P1080007(1)
P1080013(1)
イエローフォール方向へ向かうトレースを外れ中の湯跡方向へ登っていく。
前日にスキー1人は歩いているトレースあり。やはりヤブは埋まっておらず滑りは厳しそう。
P1080018(1)
P1080020(1)
途中の急斜面とヤブにてこずりながら中の湯跡へ。吾妻と磐梯の眺めが良い。
P1080021(1)
丸山山頂を往復しスキー場へ戻り。

やはり雪の量が少なくヤブと起伏にちょっと苦労しました。わかってはいたのですが。
もうちょい降ってくれると快適度が増すと思います。
午後からはゲレンデでスキー初心者のスキー体験と初級者の練習。
だんだんレベルを上げていきたいと思います。

吾妻連峰/teku_teku登山部
11/23(水)日帰り

ここのところすっかり冬になってしまいteku_tekuも冬の作業が超多忙。
ブログの投稿もほったらかしでした。スミマセン。

11/23(水)祝、年末の繁忙期ではあるのだがせっかくの水祝なので山へ。
行先色々迷ったのですが冬型強く山は吹雪そう、初めて一緒に山に行く初級者含めteku_teku登山部7人。
結局冬の雰囲気を味わえればと慣れ親しんだ吾妻へ。

吾妻運動公園&高湯に集合し冬ゲートから歩き出す。もう不動沢まで上がれないので。
少し歩くと道路工事で夏道が寸断、けしからんです。夏道にロープ張って迂回指示も無し。
PB230004(1)
さらに登って不動沢で道路を横断しルート解説などしながら進む。
落ち葉と霜でかなり滑りやすく下りはヤバそう。
PB230007(1)
不動沢を過ぎるとけっこう雪が付いてくる。
PB230009(1)
けっこう雪降ってます。写真ではわからないですが。
PB230012(1)
地図読みなんかを解説しながらKO分岐。
PB230015(1)
大根森はいつも風が強い。
PB230021(1)
初級者含め7人でそれほど急いで歩いた訳ではないのだが3hで大岩(五色沼)まで上がった。
上部は風雪ともにやや強い。ただ大岩付近はかなり厳しい風だと覚悟はしていたのだが想定よりは吹いていなかった。景色見る余裕あって良かったです。
PB230020(1)
五色沼。この雪は根雪になるでしょう。

KO山荘まで戻りO氏に挨拶がてらゆっくり休憩。小屋暖かくしていてくれて助かります。
こだわりのコーヒー旨く何杯もおかわりしてまったり。
下山時はかなり強く雪が降っていて登りトレース消えるくらいでした。サラサラのいい雪です。
この調子でガンガン降ってほしいものです。

夕方からは恒例のteku_teku登山部忘年会でした。
飯坂温泉某所で17人参加し盛況でした。皆様お疲れ様でした。

teku_teku登山部は冬山も積極的に活動します!
1月からは週末山行増やす予定です。冬山初級者は初歩から教えます。
1月下旬KO合宿予定、読図やビバーク法等冬山の基本を講習します。
2月中旬八甲田、酸ヶ湯湯治部でまったり予定。
今回の吾妻山行は車代割り勘するほどでもなく参加費無料でした。
teku_teku登山部のルールや過去の山行はHPのteku_teku登山部のページをご覧下さい。




二王子岳/teku_teku登山部
10/23(日)日帰り

紅葉時期のハイキング気分で二王子岳へ、飯豊の西にある山です。
ここのところ良い天気が続いていたのに山行予定の日曜は予報が悪い。行先を変えようかとも考えたが小雨くらいならまあいいかと予定通り行く事に。

朝5時に松川Pへ集合し磐越道の三川IC経由で二王子神社へ、7時半過ぎに歩き出す。
予想通りというか雨でカッパ着てスタート。今回は私以外は全員女性で女子会登山です!
PA230023(1)
登山口はキャンプ場になっていてトイレもきれいでした。立派な神社に参拝し登山届を記入。
PA230001(1)
最初はスギの植林地を緩やかに登ります。
PA230003(1)
傾斜が出てくるとブナの混合林に、樹林帯は雨でもカッパいらず脱ぎました。
PA230005(1)
さらに登っていくとブナ林、日本海側のブナの林床はユキツバキで笹よりスッキリしています。
PA230007(1)
高度が上がってくるとガスの中へ。真っ白で遠望無し。雨も強い。もう少しマシな天気かと思っていたのですが。
PA230009(1)
PA230015(1)
雨に濡れて紅葉もユキツバキの葉もきれいです。まあ、負け惜しみですが。
PA230011(1)
PA230012(1)
しかし思ってよりヒドイ天気。全てわたくしのせいでございます。
今シーズンはギリギリくぐり抜けてきた感じだったのですが・・。
PA230016(1)
PA230017(1)
PA230018(1)
山頂部は風もあり汗と雨で濡れているので寒い!
たまらず避難小屋へ。晴れてたら見向きもしない小屋ですがこうゆうときはありがたいです。
カップラとコーヒーと皆さんからの豪華な食材で暖まりました。
全く回復の気配もないので下山、ほとんど休まず下ってしまいました。早っ!

標高差は1300m位はあるのですが、登山道の整備が良く標高差を感じさせない山でした。
気温は山頂でも7℃程でしたが濡れていたせいか風のせいか、体が慣れていなかったのか非常に寒さを感じました。指なし手袋の限界!今後は非常用に防寒テムレス常備です。
PA230022(1)
下山して再び参拝、温泉に寄って夕方福島へ戻りました。
きっと吾妻あたりに登れば雨ではなかったと思います。
飯豊の遠望を期待して行ったのですが全く無し、また行く機会もあるでしょう。
まあ、雨でも山歩いて温泉入ってスッキリ、ストレス解消と運動不足解消にはなりました。

たまにteku_teku登山部はどれくらい費用がかかるの?と聞かれるのですが、teku_teku登山部は旅行会社のツアー登山やガイド登山ではありませんので費用は割り勘です。車を出した人に多少車代が出るようには設定していますが、車を出したり運転を交代するのは山に一緒に行く以上当然の事と考えています。
ちなみに今回は、高速¥2350×2、車代¥30×350kmで¥15000程を私を含めた参加者5人で割り¥3000でした。温泉代は別です。
行きたい山にだけまぜてというのはNGですが、計画や記録を共有できる一緒に行ける仲間は求めています。
teku_tekuは登山用品店ですので店の営業と皆で一緒に山に行くというのは相反しなかなか難しいのですが、日祝の山行も増やしていきたいと思っていますのでご興味のある方はお問合せ下さい。ただ、teku_tekuは旅行会社ではありませんし私はガイドではありませんのでそうゆうものと比較するのは勘弁です。あくまで登山部ですので。過去の山行はteku_tekuHPのてくてく登山部のページで、冬も山行きます。


苗場山/teku_teku登山部
10/13(木)

当初は前回雨だった霞沢岳への再訪か戸隠高妻乙妻あたりの山行を考えていたのだが、長く伸びた寒冷前線に行く手を阻まれハイキング気分で苗場山に行ってきました。やっぱりこの時期の冷たい雨には気合が入りません。

湯沢ICよりかぐらスキー場内の林道を上がり第2リフト駐車場へ。平日だが15台くらいは駐車している。きっと空いている方なのだろう。トイレ有。ジャンボタクシー2台が上がっていく、送迎や和田小屋の宿泊者は和田小屋の前まで車で入れるようだ。

登山道を歩き出す。昨日は夜までかなりの雨が降っていたのでドロドロでコンディションはかなり悪い。若干遠回りでも和田小屋まで道路を歩いた方が良いかも。
PA130001(1)
ハイキング気分で来たのだがドロドロだったりゴロ石が濡れて滑りやすかったりしてけっこう大変。
まるで障害物競争をしているみたいだが、きっと乾いている時は何でもないルートなのだろう。
PA130003(1)
予報の通り曇りでけっこうガスが濃い。
PA130005(1)
時たま晴れそうな気配はあるのだが。
PA130018(1)
山頂一帯はなだらかな湿原で池塘が点在している。
PA130027(1)
山頂ヒュッテは自然交流センターという名だが普通の山小屋です。
PA130039(1)
PA130044(1)
PA130045(1)
山頂付近を散策。秋色にはなっているのですがどうしてもガスが晴れません。
なかなかいい所なので花の時期にでもまた来たいと思います。
PA130047(1)
PA130048(1)
PA130050(1)
どんどん下って車に戻りました。道の駅で温泉入ってから帰宅。
片道4h位で登山6h半位なんでギリギリ日帰り可能な範囲でしょうか。

雨具は着ませんでしたが、秋晴れ!の登山が恋しいです。
膝の具合はあまり変わりませんが、じっとしていても治る訳でもないので軽い登山でリハビリ。

teku_teku登山部は日帰りハイキングもしています。

↑このページのトップヘ