登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

カテゴリ: 登山(記録)

5/31(水)吾妻連峰 いわゆる新ルート(シモフリ新道)
不動沢駐車場~賽の河原~不動沢渡渉点~天狗~ラクダ~一切経~浄土平

新ルートと言っても新しく道が出来たわけではありません。
家形ルートに対しての呼び名でスカイラインが出来る以前からの道です。
ヤブ化して通行が困難だったものを関係者の尽力で何とか猛烈なヤブをこがなくて歩けるようにはなってます。
が、ハイキング気分で歩けるルートではありませんのでご注意を。

今回はルートや地形の確認に1人で出掛ける予定だったが前日に同行者が見つかり車1台を兎平駐車場に置き不動沢駐車場から登る事にした。
1人だったらシモフリ新道を登り家形ルートを下る予定だった。

P5310001(1)
不動沢登山口。登山届を書き歩き出す。
P5310002(1)
賽の河原分岐。一般の登山者が間違って入らないように枯れ枝でふさいである。
P5310005(1)
少し歩くと展望の開けるところがある。
P5310011(1)
不動沢を渡渉。下降と対岸の登り口に注意が必要。
P5310014(1)
P5310017(1)
シャクナゲの大木が美しい。
P5310030(1)
天狗付近からの眺め。ラクダ、一切経、家形が一望できる。
P5310044(1)
開けたところが多く吾妻屈指の好展望ルート。
ただし道は踏まれていないので自分でルートを確認する必要がある。
P5310047(1)
P5310054(1)
花にはまだちょっと早いか。
P5310059(1)
シモフリ分岐を経てラクダに登るところでルートミスしガレガレの斜面を登ってしまった。
ここは落石等危険なので通ってはいけません。
おかげで同行のS嬢の体力と行動時間を浪費してしまった。
P5310062(1)
ラクダの南尾根に乗り一安心。
P5310065(1)
だいぶ近づいてきた。吾妻と思えないような高度感が味わえる。
P5310067(1)
思ったより天気が良く暑い。同行のS嬢頑張ってます。
P5310075(1)
若干雪の残るルートをこなし一切経へ上がった。
P5310081(1)
本日の五色沼、吾妻の瞳と言った方が美しい響きだと思うのだが。
いつから魔女になったのだろうか。

注意!
このルートは古くからのルートで1/25000地形図には記載されていますが、ヤブ化して通行が困難な状態でした。関係者の尽力で猛烈なヤブこぎはせずに一切経に上がれるようにはなっていますがハイキング気分で歩けるルートではありません。自分でルート判断をして歩く必要があります。人がほとんど歩いていないので踏み跡も無く目印も乏しい箇所もあります。また、シモフリ/ラクダの辺りは1/25000地形図の登山道とは違うルートを歩いています。シモフリ分岐からスカイラインへ出る際やスカイラインを徒歩で歩く際は火山ガスにも注意が必要です。視界が無い際には困難さが増すと思います。吾妻屈指の好展望ルートではありますがルートの性質を理解して下さい。




吾妻連峰にあると言う銘木「日暮しの松」、前回2013年の5月にあまり下調べもせず探索に出掛けましたがさっぱり的をしぼれず・・。
http://blog.goo.ne.jp/yamanoiro/e/396eab2f56ebabe1248dcdfeea120bf9
http://blog.goo.ne.jp/yamanoiro/e/2898ddcb8a324bd4311171b7360a5fa8
ご興味のある方はその時の様子を旧ブログに載せてます。

この時すでに枝は折れ笹に埋もれているらしいという話でした。
結論的には登山業界でそれだと言われている樹はガセネタだという事が自分の中ではわかり収穫にはなりました。その後再び行こうとは思っていたのですが、噴火警戒レベルの引き上げもあり行かずじまいでした。
実際雪深い時期は行きやすいのですが埋まっていたらわかりませんし夏はヤブがひどい、なかなかタイミングが難しいのです。はっきり場所がわかればどんな条件でも行けるのですが探さなくてはならないので。

で、5/24(水)定休日、天気予報は雨。他の山にも行きにくいので絶好の条件と出掛けて来ました。夏山前に登山靴も履いておきたかったし。

P5240267(1)
兎平の駐車場に車を止め歩き出す。
雨が降らないうちにと庭の草むしりと樹木の剪定をしてから出掛けてきたので昼前になってしまった。
今日は昼から雨予報、予報通り雨が降ってきてカッパです。
P5240269(1)
酸ケ平に上がる。正面の平石山は残雪を使って上がれそう。
P5240271(1)
雪はザケケてキックで十分、って軽アイゼン持ってこなかったし。
P5240275(1)
平石山の上から一切経方向。
P5240280(1)
前回北東のガセネタに引っかかり北西面に深く入らなかったので今回は西から入って北面を探索する事にした。
P5240282(1)
ヤブを抜けるとアオモリトドマツの深い森が広がる。今回は前回より深く下がってみる。
P5240286(1)
P5240287(1)
それらしい樹があちこちにありさっぱりどれだかわからない。
残雪があり自由に動き回れるのでしばらく探索。
P5240295(1)
これかな~という樹。情報では左側の枝は折れアオモリトドマツがかぶさっている古木。
P5240292(1)
本当にこれなのかさっぱり自信がないが見当をつけた場所に近くて条件は満たしているように思う。
でも違うかも・・、なんか威厳を感じないので。
P5240293(1)
で、この木のちょっと離れたところでコーラのペットボトルを見つけた。
状況からして最近ここの人が来たのだ。通常登山では絶対来ない、山菜取りや釣りもまず来ない場所、しかも登山の飲料でコーラってなかなか無いように思う。この樹は登山業界では知っているという人はあまり無く盆栽業界では超有名らしいのできっと盆栽業界の人が連休以降くらいに来たのだろうか。知っていなければ来ない場所だし。それとも私と同じように探索しているうちに落としたのか?だいたいヤブに入るのにコーラペット落とすとこに付けないとは思うのだが。
P5240296(1)
と、色々考えてはみるのだが結局は分からず、周囲を少々探索はしてみるがパットボトルあったんだからあれかな~などと思い再びヤブを漕ぎ平石山に上がる。あんまり遅くならず下山したいし。
P5240299(1)
そろそろ花の時期、雨は本降りだがあまり気にもならない。
一人で雨の中ヤブを漕いで歩きながら自分が雨の山も好きなのだと再認識しました。
晴れも雨も吹雪も、それが山なのですから。

アオモリトドマツの森は深く、大まかな位置が分からず探し回ってもなかなか探せるものではないかな~というのが今回の感想です。この超有名な樹が数十年前のような立派な姿であれば探せるとは思うのですが。
またアオモリトドマツもかなり成長していて見通しもきかず笹も繁茂しているので、たしかこのあたりにあったな~という人でも一緒に行かないとなかなか確定が難しい。今回はコーラペットがあったので人が来ている事がわかりこの樹なのかな~と思ったのですが。たまたま休んだところに忘れただけかもしれませんが・・。



吾妻連峰/teku_teku登山部
1/15(日)日帰り

当初は1/14(土)~15(日)で冬山合宿を行う予定だったのだが、雪が少なかったところに大荒れの天気図で計画を変更。行先も直前まで迷い結局通いなれた吾妻に。

P1150002(1)
かなりヤバい道路を高湯温泉へ上がる。下では考えられない大雪の状態にビックリ。
冬ゲートまで入れずに旧ゲート前の駐車スペースを掘って無理やり駐車。
準備していると地元の某山岳会の面々も到着しさらに駐車スペースを広げて何とか駐車する。
P1150004(1)
我々6人は一足早くスタートし道路を冬ゲートまで進む。スキーでスネ。
P1150007(1)
大体膝下、吹きだまりで膝上くらいのラッセルで夏道沿いを上がる。
P1150009(1)
一気に積雪が増えてテンション上がるのは犬と一緒か。
P1150010(1)
P1150011(1)
持ち上げないと自分の板は全く見えない。
P1150013(1)
P1150014(1)
後ろから某山岳会7人も追いついてきて一緒にラッセルし不動沢を通過。
雪は深くなってモモからマタのラッセルに。
後ろに回ると動きが少なく寒い、トップに出ると進まない、悲しいかなトップは1人しかできないのです。
こんな状況で普通にラッセルして進んでいくのは我らがラッセル隊長のM氏だけです。
パワフルだとうことは認識していましたがさすがにスゴいの一言。参りました。ラッセル車並み。
私もちょっと鍛えなおして出直します。
で、結局昼で賽の河原付近。昼まで頑張るという目標を達成したので下ります。
P1150017(1)
P1150018(1)
下りはあっという間。
P1150019(1)
転ぶとなかなか起き上がれません。
P1150020(1)
深すぎてボブスレートレース外すと進みません。
P1150024(1)
戻ってくるとかなり積もってました。一瞬晴れ間が見えましたがこの後もガンガン降ってました。

久しぶりに激ラッセルでテンション上がりましたがトレーニング不足を実感。全く口だけラッセルでした。
しかしここ数年無いくらいの降り方で一気に積もりました。あ~楽しかった。

teku_teku登山部は雪にまみれて遊びます!

裏磐梯丸山/teku_teku登山部
1/8(日)日帰り

teku_teku登山部の初級者向け冬山入門登山です。
場所は近場で雪の量を考えると天元台かグランデコから上がるのが正解ではあるのですが、連休と小雪でのスキー場の混み具合等を考え裏磐梯スキー場から丸山に上がってみる事にしました。
参加者は山スキー初級者と冬山自体初心者のスノーシューの混成、山から戻ってスキーの練習もしたいという事で。

土湯道の駅に集合し車2台で裏磐梯スキー場へ。
P1080001(1)
裏磐梯スキー場のリフトでゲレンデトップ。楽しすぎか・・。
P1080004(1)
P1080003(1)
ゲレンデトップから歩き出す。すこぶる天気が良い上ほぼ無風。暑いくらい。
P1080007(1)
P1080013(1)
イエローフォール方向へ向かうトレースを外れ中の湯跡方向へ登っていく。
前日にスキー1人は歩いているトレースあり。やはりヤブは埋まっておらず滑りは厳しそう。
P1080018(1)
P1080020(1)
途中の急斜面とヤブにてこずりながら中の湯跡へ。吾妻と磐梯の眺めが良い。
P1080021(1)
丸山山頂を往復しスキー場へ戻り。

やはり雪の量が少なくヤブと起伏にちょっと苦労しました。わかってはいたのですが。
もうちょい降ってくれると快適度が増すと思います。
午後からはゲレンデでスキー初心者のスキー体験と初級者の練習。
だんだんレベルを上げていきたいと思います。

吾妻連峰/teku_teku登山部
11/23(水)日帰り

ここのところすっかり冬になってしまいteku_tekuも冬の作業が超多忙。
ブログの投稿もほったらかしでした。スミマセン。

11/23(水)祝、年末の繁忙期ではあるのだがせっかくの水祝なので山へ。
行先色々迷ったのですが冬型強く山は吹雪そう、初めて一緒に山に行く初級者含めteku_teku登山部7人。
結局冬の雰囲気を味わえればと慣れ親しんだ吾妻へ。

吾妻運動公園&高湯に集合し冬ゲートから歩き出す。もう不動沢まで上がれないので。
少し歩くと道路工事で夏道が寸断、けしからんです。夏道にロープ張って迂回指示も無し。
PB230004(1)
さらに登って不動沢で道路を横断しルート解説などしながら進む。
落ち葉と霜でかなり滑りやすく下りはヤバそう。
PB230007(1)
不動沢を過ぎるとけっこう雪が付いてくる。
PB230009(1)
けっこう雪降ってます。写真ではわからないですが。
PB230012(1)
地図読みなんかを解説しながらKO分岐。
PB230015(1)
大根森はいつも風が強い。
PB230021(1)
初級者含め7人でそれほど急いで歩いた訳ではないのだが3hで大岩(五色沼)まで上がった。
上部は風雪ともにやや強い。ただ大岩付近はかなり厳しい風だと覚悟はしていたのだが想定よりは吹いていなかった。景色見る余裕あって良かったです。
PB230020(1)
五色沼。この雪は根雪になるでしょう。

KO山荘まで戻りO氏に挨拶がてらゆっくり休憩。小屋暖かくしていてくれて助かります。
こだわりのコーヒー旨く何杯もおかわりしてまったり。
下山時はかなり強く雪が降っていて登りトレース消えるくらいでした。サラサラのいい雪です。
この調子でガンガン降ってほしいものです。

夕方からは恒例のteku_teku登山部忘年会でした。
飯坂温泉某所で17人参加し盛況でした。皆様お疲れ様でした。

teku_teku登山部は冬山も積極的に活動します!
1月からは週末山行増やす予定です。冬山初級者は初歩から教えます。
1月下旬KO合宿予定、読図やビバーク法等冬山の基本を講習します。
2月中旬八甲田、酸ヶ湯湯治部でまったり予定。
今回の吾妻山行は車代割り勘するほどでもなく参加費無料でした。
teku_teku登山部のルールや過去の山行はHPのteku_teku登山部のページをご覧下さい。




↑このページのトップヘ