登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

カテゴリ: お知らせ(商品)

ヒトココ/HITOCOCOの取り扱いを始めました。
P6290378(1)

子機携帯で3カ月発信、親機で捜索、電波到達距離は見通し1km。
詳細はこちらのHP http://www.authjapan.com/
子機:¥9800 親機:¥19800

同時にココヘリ/COCOHERIの特約店になりました。
へりから2~3km離れた子機電波を探知し位置を特定できます。子機は貸与されます。
特約店割引「ココヘリ特約」で検索し管理コード:13400108を入力で入会金が10%offになります。
入会金:¥3000→特約店割引¥2700 年会費:¥3650

登山だけでなく山菜きのこ採りや釣り等の行方不明捜索の切り札です。
GPS等かなり普及し以前ほど単純な道迷い遭難は無くなったかのように思えますが実際は減っていません。
単独の方はご検討を、万一の際家族や職場や仲間の負担を減らせます。
とりあえずteku_tekuで親機は所有しようと思ってます。普及の一助になれば。
子機購入の方、同意の上IDナンバー控え親機の貸し出し等対応できるようにしたいと思っています。

但し、最低限入山の山域とルート、使用車の車種ナンバーくらいは身近な方に伝えておいて下さい。
万一の際非常に重要です。どこに行ったか分からないのではヒトココがあっても探しに行けませんので。


私、ブログやフェイスブックではほとんど店の商品の紹介などはしていないのですが、というか店でもあまりおすすめしていないのですけれど・・。
といっても店の経営が余裕な訳ではないのですよ、まあ性格ですかね。ブログとかフェイスブックって山の記録なんかの方が見ていて楽しいかな~と。

で、めずらしく商品のご紹介です。
今回の朝日連峰山行で試しに使ってみてなかなか良かったものです。

P6220371(1)
これは虫よけ天然ハーブの香りで良く売れているアウトドアボディスプレー(左側)と同じ香りの日焼け止めクリーム。
SPF50/PA+++のウォータープルーフなので日焼け止め効果も高いです。
天然成分の爽やかな香りで虫よけと日焼け止めができるので一石二鳥となかなか良いのではないかと思います。

P6220372(1)
こちらは皮膚保護クリーム。スプレータイプもあります。
皮膚に塗ると保護膜ができて擦れのトラブルが軽減されるというものです。
靴擦れや手のまめ、股ずれや乳首の擦れにも効果的です。
数年前に一瞬流行った〇ィクトンのものよりかなり強力です。
私は長時間荷物を背負って歩くと足の親指の下の皮がむけるのですが今回これを塗っていたらむけずにすみました。

ちょっとおすすめでした~。

皆様お疲れ様です。

さて、今さらですがよく聞かれ説明しているスキーシールの取り扱いについてです。
スキーシールはきちんと管理していない楽しめないばかりかトラブルの原因にもなりかねません。
シールというのはアザラシの事ですね。昔はアザラシの皮を使っていてシールスキンとかスキンとも言っていました。現在はナイロンやモヘアを使っています。モヘアはヤギの毛ですね。

大事なのはグルー面(接着面)の管理です。
山で使用したシールは必ず濡れています。濡れている時は特に暑い所を避けた方が無難です。
暑すぎる室内や車のヒーターのそばは避けましょう。

そしてゴミの付かない所で干します。ヒーターやストーブのそばは避けます。
P1300098(1)
チートシートやイージースキンセーバーは剥がして干します。
くれぐれもゴミが付かない所で、暑い所は避け、ストーブやヒーターのそばは避けます。
2~3日以上は干した方が良いです。1晩くらいだと湿気が抜けません。私は1週間くらい干しっぱなしです。

で、山に行く時にチートシートやイージースキンセーバーに貼って持っていきます。
私はグルー面どうしを貼り合わせる派です。何か挟むのは面倒くさいんで・・。
でも剥がすのが大変なのでイージースキンセーバーなんかは使いやすいと思います。

夏場の保管ですがしっかり干してからグルー面どうしを貼り合わせるのが無難です。
チートシートやイージースキンセーバーを挟んだまま保管してはいけません。
そしてジップロック等に乾燥剤を入れ涼しい所で保管して下さい。決して暑くなるところに置いてはいけません。

で、この管理を怠るとグルーがベトベトになってしまいます。
一度ベトベトになってしまったグルーは貼替するしかありません。
個人で塗りなおす為にチューブや缶やシート状のグルーも販売していますし、預かって作業することもできます。
私が作業する時は電熱スクレーパーでグルーを剥がして再度シート状のグルーを熱圧着します。
あまりやりたくない作業なので皆さんきちんと管理して長持ちさせてください。普通に管理していれば5年くらいは持つと思います。
ベトベトが板に付くと滑らなくてせっかく苦労して登った斜面を楽しめませんので。

グルーを使ったシールはどれも管理が悪いとベトベトやカピカピになります。以前はカピカピタイプが多かったのですが最近はベトベトタイプが増えたように思います。
アクリルベースやシリコンベースのものはベトベトにもならず管理は楽ですが雪が挟まってしまうと接着力が極端に落ちてしまいます。
物には必ず長所と短所がありどちらが良いとかダメとかというものではありませんが、それぞれの特性を良く理解して扱う事が必要です。

ちなみに板も干した方が良いです。
P1300105(1)
P1300106(1)
金具の状態などをチェックして必要に応じてワクシングしておきます。
雪の付きやすい箇所にはシリコンスプレー等が有効です。

P1300108(1)
ブーツはインナーとインソールを抜いて干します。シェルのバックルは締めておきましょう。
足の冷えやすい人、インナーやインソールが湿気っていませんか?

趣味の道具は愛着をもって手入れをすると長持ちしてトラブルも少なくなります。
道具の手入れ等でわからないことがありましたらお尋ねください。

中古山スキー情報です。

2シーズン使用の太板
板:フォルクル/カタナ/184cm + 金具:マーカー/ツアーF12 セット
靴はソール長265~325mmで調整可、アルペンブーツ可です。
P1190026(1)
P1190027(1)
ICI購入品なのでアフターも大丈夫だと思います。
売りたし価格¥35000位で調整中、格安のパウダー板です。

詳細はお問合せ下さい。とりあえずteku_tekuに置いてあります。


ここのところ冬の作業に追われブログへの書き込みも滞りがちです。スンマセン。
更新が無いからと冬眠してしまったわけではありませんで、むしろ暇な時の方が書き込みできますので。
1月になったら遊ぶぞ~と思いながら復活した右手首腱鞘炎と戦う今日この頃・・。

さて、中古山スキー情報です。
板/ビンディング/シール/靴のセットで70000円くらいで売りたし品あり。価格ちょっと調整中です。
使用2~3シーズン。板はG3のW88/166、ビンディングはディナフィット、靴はガルモント27シェル、シールはG3ハイフリクション。軽量なセットで無難な組み合わせなので山スキー始めたい方には良いと思います。
teku_tekuで預かってますので興味のある方は現物確認してみて下さい。
PC120028(1)
とりあえずお知らせでした~。

1月からは休み増やして遊びに行きます!
ご迷惑をお掛け致して申し訳ございません。実践的な山の店という事で・・。

↑このページのトップヘ