11/19(日)
微温湯温泉~浄土平~吾妻小富士

南岸低気圧が発達して冬型、寒気も入り天気予報も悪い。
ここのところの週末はこのパターンが多い。しかも毎週2つ玉っぽくなっている。
仕方ないのでまたまた近場の微温湯ルートへ行く事に、爆風だったら途中撤退です。

吾妻運動公園の駐車場に集合、思ったより天気は安定しているように思える。昨夜から明け方まではかなり吹き込んでいた感じだったがすっぽり覆われた感じ。
既に微温湯街道は冬期閉鎖になっているのでパイロットから上がる、まあ冬季閉鎖になっていなくてもパイロットから上がるのだが微温湯街道って数年前から舗装になっていたのですね、知りませんでした。

PB190007(1)
微温湯温泉登山口。
PB190011(1)
うっすら雪、落ち葉がフカフカして気持ち良い。
PB190014(1)
たまに落とし穴にハマりながら登る。気温は低いが樹林帯は汗をかく。
PB190016(1)
笹の繁茂した部分を抜けると視界が広がる。
PB190022(1)
やや積雪が増してくる。
PB190024(1)
それなりに風は吹いてくるが撤退するほどではない。視界も確保できる。
PB190026(1)
吾妻小富士の裾を巻きながら登る。
PB190031(1)
シモフリ方向も確認できる。思ったより条件は良い。
PB190033(1)
この辺で撤退かと思っていたがこれくらいならバッチリ進めます。
PB190034(1)
日差しが見えた!
PB190035(1)
ラッセルという程ではないが時たま膝くらいまで吹きだまっていた。
PB190041(1)
道路をわたりヤブルートを浄土平へ。
PB190042(1)
トイレの手前が吹きだまりで雪壁!(笑)
PB190045(1)
ラッセル練習にちょうどいい。(笑)
PB190047(1)
浄土平、さすがに風が強い。建物の陰でちょっと休憩。
視界が良くなったので吾妻小富士に上がる事に。
PB190052(1)
さすがに手がダメになりました。風強く冷たい!
PB190049(1)
小富士の火口を見たのは何年ぶりだろうか、たぶん10年以上見てなかったかも。

手が限界だったのでサッサと下山、登ったルートを忠実に下りました。
思ったよりは荒れずそこそこ楽しめました。やっぱり行ってみるべきですね。