11/5(日)
米沢砕石~万世大路~栗子隧道~栗子山

中途半端なこの季節に近場の低山やヤブ山を歩いておきたいという気持ちがあり、東北中央道の福島~米沢間開通のタイミングに合わせ栗子山に行ってきました。

東北中央道の福島~米沢間が昨日11/4(土)開通した。渋滞したという情報から普通にR13栗子峠と思っていたが同行者の朝は大丈夫だろうとの意見に押され物珍しさも手伝って高速を通ってみることに。
PB050002(1)
大笹生ICより栗子トンネル。けっこう長く9キロもあるそうで無料のトンネルとしては日本一の長さらしい。
PB050011(1)
勾配も少なくカーブも緩やかで走りやすい。朝なのでスイスイでした。
無料なのはありがたく冬場はお世話になりそうです。
PB050012(1)
日曜にもかかわらず米沢砕石が操業していたので入口ゲートを通過し万世大路の入口まで入る事ができた。
PB050014(1)
歴史を感じながら万世大路を歩く。
PB050015(1)
指導票をかじったのは誰?
PB050016(1)
栗子隧道が見えた。
PB050018(1)
米沢側入口は2カ所
PB050019(1)
こちらが明治14年開通の初代栗子山隧道、人馬がメイン。当時としては日本一の長さだった。
開通の翌年には明治天皇が通過され万世大路と命名されたそうです。
何と冬もソリで通過していたというのだから凄い。
PB050023(1)
こちらが車の通行に対応するために作り直した2代目栗子隧道。昭和11年開通。
現在は崩れていて通る事はできません。
R13西栗子トンネルは3代目、東北中央道の栗子トンネルは4代目になります。
PB050027(1)
トンネルの左側に踏み跡があります。※登山道はありません。
この夏に遭難事案があり捜索時に付けられたと思われるピンクテープがけっこうありました。
PB050028(1)
ブナ林を登ります。
PB050029(1)
踏み跡ははっきりしていますがけっこう急登です。
PB050030(1)
木をつかんで登るぐらい急。
PB050031(1)
稜線間近で展望が開けるも強風。
PB050032(1)
稜線に上がるとメチャ強風、平均15mくらいかな、メゲずに進みます。
PB050035(1)
ピンボケになってしまいましたが霧氷がエビの尻尾状態、寒い!
PB050038(1)
視界乏しい。
PB050039(1)
皆さん強風&視界乏しい中文句も言わず着いてきます、って言っても全く聞こえないけど。
PB050041(1)
おー見えた、栗子山。
PB050043(1)
後ろを振り返ると杭甲山、吾妻連峰の遠望はちょっと厳しい。
PB050044(1)
水窪ダムと米沢盆地。
PB050048(1)
ヤブを進む。視界があるってスバラシイ。
PB050049(1)
ヤブで燃えるタイプの私はガンガン行ったがスネアテをしてくれば良かった。
PB050050(1)
三角点です。
ここは展望が無い分風は厳しくなかったので昼飯を食い戻り。
手作りのアップルパイとカップラでけっこう腹いっぱい。
PB050054(1)
相変わらず風は強い。
PB050055(1)
高速は大渋滞みたい。全然動いてない感じ。帰りは通るのを止めよう。
PB050056(1)
万世大路を戻る。

帰りはR13栗子峠を福島へ戻りました。
歴史を感じながら4世代の路を見て、急斜面と踏み跡ヤブで栗子山に登りなかなか楽しめました。
今回は入部希望の若者1名参加しましたがこんな登山がお気に召すかな~?


※たまに問い合わせのあるteku_teku登山部ですが、teku_teku登山部のルールや過去の山行記録をteku_tekuHPに記載してあります。ご興味のある方はご覧下さい。
尚、問い合わせの多い項目はteku_teku登山部のルール(補足)に記載してあります。こちらはteku_teku店内でご覧いただけるようにしてあります。