登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

2018年07月

7/22(日)~23(月)
扇沢~針ノ木雪渓~蓮華岳~針ノ木峠テン場泊
~針ノ木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳~種池山荘~扇沢

いつもの如く早朝3時半に福島を出発。もっと早く出たいのだが普通に仕事をするとこれでも2時間程の睡眠しかとれない。それでも最近は運転を替わってもらい移動中にウトウトできるのでかなり助かる。
上信越道の混み具合を嫌い磐越・北陸道を使い糸魚川経由で扇沢へ、案の定無料の駐車スペースはいっぱいで仕方なく下段の有料Pを利用、準備して9時過ぎに歩き出す。
20180722_03
扇沢で1400はあるのだが出発時間も遅いのでけっこう暑い、大汗。今シーズンは大汗対策必須です。
20180722_09
沢沿いのルートを使い1時間程で大沢小屋へ、大休止。
20180722_11
ようやく雪が見えてきた。
20180722_18
雪渓に乗ると涼しく登れて助かる。
20180722_24
先程まで暑さと寝不足でバテ気味だったがちょっと復活。今回は5人パーティ。
20180722_33
まだバッチリ雪の上を通れます。
20180722_35
彼女は全員分の晩飯材料を背負ってくれて素晴らしい。
20180722_38
日曜なので下山者が多いです。
20180722_49
最後の詰めは巻き道。
20180722_55
5時間程で針ノ木峠へ到着。テント受付して設営。
20180722_56
蓮華ピストンへ出発。明日向かう針ノ木とスバリ。
20180722_61
蓮華方向。
20180722_63
20180722_65
登山道沿いにはコマクサが咲いている。
20180722_67
七倉、船窪方向。
20180722_74
20180722_75
テン場でビールを飲んでいる3人を残し2人で蓮華に登頂。
20180722_78
大下り方向。
20180722_85
さっさと針ノ木峠へ戻ります。
20180722_93
テン場はそれほど混みあっていなかった。
夕食は鶏だし旨塩鍋。何故かビールを飲みながら晩飯を作っていたら足がつった。脱水?
20180722_94
テン場のトイレにはちょうど槍が見えるように小窓がついてます。
20180722_100
明日が長丁場なので早めに就寝。
20180723_103
早出するため2時半に起き飯を食ってテント撤収し4時過ぎに出発。
20180723_104
ヘッドライトで針ノ木へ上がります。残念ながら朝日はガスの中。
20180723_115
針ノ木山頂はガスで残念ながら大展望が見えなかった。
20180723_117
縦走路を激下り。
20180723_120
足場、落石注意です。
20180723_126
一瞬ダムが見えた。開けっ広げよりチラリズムがオツかな。
20180723_134
スバリ方向が見えてきた。
20180723_136
急登。
20180723_139
20180723_137
足元注意です。
20180723_149
立山方向とスバリ岳。
20180723_152
20180723_153
ガスが晴れて絶景。
20180723_156
ブロッケンも見れた。ガスならでは。
20180723_162
針ノ木方向。
20180723_163
コマクサ。
20180723_164
富士山を遠望。
20180723_166
素晴らしい景観を歩く。
20180723_171
蓮華方向。
20180723_173
スバリ着。
20180723_181
晴れたりガスったり。
20180723_185
20180723_189
花も豊富。
20180723_196
スバリをバックに縦走路を歩く。
20180723_200
黒部ダムと立山方向。
20180723_203
赤沢岳。
20180723_205
剣方向。
20180723_207
赤沢ピーク。
20180723_208
さらに縦走路を進む。今日の行程はコースタイムで11時間程。
20180723_210
鳴沢岳へ登る。
20180723_213
またガスってしまった。涼しくていいかな~。
20180723_214
鳴沢ピーク通過。
20180723_218
針ノ木雪渓の上にちょうど槍が。
20180723_220
ようやく新越山荘へ到着し早めに昼飯タイム。日差しが暑い。
20180723_221
テント泊のメインザックで暑さがこたえる。
20180723_225
岩小屋沢岳。
20180723_231
種池山荘が見えた。
20180723_233
20180723_232
キヌガサソウが咲いていた。
花は豊富だが写真を撮る余裕はあまりない。
20180723_235
種池山荘で休憩し下山にかかる。
ここからはメジャールートですれ違いも多い。
20180723_236
下るほどに暑くなる。
11時間程を経て3時に下山。テント泊初めて、夏の北ア初めての人もいてメインザックでの長丁場、頑張りました。
駐車場まで歩いて車を回収、温泉で汗を流し福島へ戻りました。




7/15(日)
恵みの森(只見:布沢川/大滝沢)

あまりの暑さに前日に山行計画を却下し沢ハイキングへ。
沢装備を持たないメンバーばかりだったので長靴可の所です。

20180715_03
20180715_04
只見町の恵みの森は沢ハイキングが出来るように整備されています。
登山口には10台程度の駐車スペースとトイレも有り。
20180715_07
布沢川から大滝沢へは小尾根を超す道が付けられています。
全て沢通しでもそれほど難所は無いのですが、長靴の深さで無理な所には全て巻き道が付けられていますので本格的な沢装備は不要です。
20180715_10
下滝から上部はナメの連続です。
20180715_12
最初は遠慮がちに水を避けて歩いてます。皆そうですよね。
20180715_20
広いナメで景観が良いです。
20180715_24
気温は高めでもやはり沢は涼しく歩けますね。
20180715_29
だんだん慣れてきてバシャバシャと。
20180715_32
私だけは沢靴です。かなりズルい感じですが持ってるんで仕方ないですね~。
他のメンバーは長靴かアプローチシューズです。
20180715_36
中滝で尾根道を分けさらに進みます。魚止の滝とのちょうど中間位です。軽いハイキングの人は中滝までが多いみたい。今日は2パーティスライドしましたが両方とも魚止の滝までみたいでした。
20180715_48
これが魚止の滝、ちょっとショボイですが。
ここまでと思っていたのですが、スライドした人がこの上に鳥居がありそこまで行きたかったが魚止の滝が越せなかったと言っていたという事でちょっと進んでみる事に。
20180715_53
しばらく進むがそれらしい感じはない。ガセネタっぽいが。
20180715_51
私単独でしばらく進んでみるがヤブっぽくなるばかり。しかも仮にあっても長靴で来るところではないので引き返す事に。ちなみに魚止の滝は安全を考えロープで確保して降ろしました。ケガしても仕方ないし何といっても皆さん長靴なのですから。
20180715_60
帰りはもう大胆になってバシャバシャと。
20180715_67
けっこうイワナもいました。この沢は禁漁になっていますので。
20180715_82
大胆に行くと水出し作業が必要に。
20180716121210
ニホンカワトンボ(オス)かな?
13849
私も頭の上にトンボを連れて行きました。アブよけに。
まだメジロは出てなかったので効果は不明です。(笑)

teku部の主力メンバーは7/15(日)~16(月)で飯豊/御西に集中していたのですが私は連休とれずでした。
たまには水遊びもいいかな~、暑い日は。プチ沢体験でした。沢にも興味を持ってくれたかな?


7/8(日)
吾妻連峰

雨予報だったので遠出せず、マイナー登山口から入山し吾妻のコマクサ探し。
貴重な群生地だと思うので場所は内緒で。

20180708_09
20180708_14
20180708_26
20180708_24
20180708_28
20180708_49
20180708_44

二階堂匡一朗氏の吾妻山回想譜/追録の中に「イワウメを尋ねて」というという項目があります。
この中で昭和38年に二階堂哲三氏が山と渓谷社のアルパインガイド吾妻/安達太良/磐梯山を執筆したとあり、発売されて間もなく滑川温泉の御主人から内容の誤りを指摘されたという事が記されています。
「・・・珍貴な品として吾妻のないものは、コマクサ、イワウメ、イワヒゲ、ヒナウスユキソウ、クロユリなどが挙げられる・・・」これについて滑川の御主人よりの手紙で伊藤弥十郎氏、二階堂匡一朗氏が峠駅よりイワウメ、イワヒゲを確認しに行き吾妻に生育している事が分かったと記されています。

以前、浄土平や一切経にコマクサを移植したという話を聞いたことがありますが私はいつの頃か知りません。
現在、浄土平や一切経の人目にふれる所にはコマクサはないとかと思いますが移植したのが事実であれば根つかなかったのか盗掘されたのだろうと思います。一部天狗ルート付近にあるという話もありますがこれがそもそもあったものなのかどうかも私はわかりません。

今回の群生地はそもそも吾妻にあったコマクサなのか誰かが移植したものか分かりませんが移植したにしては道路からも登山道からも離れていて踏み跡も全くなく不自然な感じはします。
私も1~2年前に偶然目にした方から話を聞き、今回雨予報で遠出しなかったので探しに出掛けてみました。季節的にもタイミング良かったので。

私にはこのコマクサ達の歴史はわかりませんが貴重な群生地がいつまでもあり続けるよう願っています。






福島市安全登山講習会のお知らせです。

「安全登山に必要な気象の知識を学ぶ」
講師:FTVテレポートプラス担当気象予報士 斎藤恭紀 氏
日程:7/21(土) 10~12時
場所:福島テルサ
受講料:¥500
定員:60名程度(先着順)
※7/20(金)までに福島市観光コンベンション推進室525-3722へお電話にてお申込み下さい。

20180705_03

福島市観光コンベンション推進室よりチラシ届いてます。
例年の事ながら山のハイシーズンの日程は微妙ですが時間のとれる方は是非どうぞ!
AとかCといった予報で一喜一憂されている方、天気図を学びましょう。



7/1(日)
神室山
役内口~西ノ又~神室山~前神室山~役内口

直前まで天気図を見て悩み何とはなしに行ってみたいと言われた神室に行く事に。
暑くなるのはわかっていたが前日も仕事で消耗しているので早起きもつらく朝5時にteku_tekuに集合し古川IC経由役内口へ移動約2時間半。

20180701_02
登山口で準備していると既に暑い。登山届を出して歩き出す。
20180701_06
しばらく林道型を歩き吊橋を渡ると登山道らしくなる。
20180701_10
登りは西ノ又沿いのルート。
歩き出して1時間もすると大汗、暑いとは思っていたが本当に暑くて汗が噴き出す。
タオルなど出したことが無い私がタオルを出して何度も汗をぬぐい、沢で顔を洗い頭に水をかけクールダウン。
20180701_17
沢から支尾根を登る。
20180701_19
やや急なブナ林。ちょっと日陰で助かる。
20180701_20
主尾根に出ると展望が開ける。
20180701_22
20180701_28
キスゲが満開。
20180701_32
大汗をかいて登ってきただけにほっとして写真タイム。
20180701_33
20180701_41
思ったより青空で良かった。
20180701_39
20180701_43
20180701_44
花色々。
20180701_46
20180701_52
20180701_53
キヌガサソウはもう終わりだろうと思っていたがまだもっていて良かった。
20180701_57
20180701_61
20180701_58
ここは窓くぐりだそうです。
20180701_63
神室
20180701_64
20180701_75
20180701_78
シャクナゲもたくさん咲いていました。
20180701_81
20180701_83
周囲は奥深い景観。
月山、鳥海、早池峰、焼石、栗駒などが望めました。
20180701_84
20180701_88
山頂と直下の避難小屋を見学。
20180701_89
昼飯を食って分岐まで戻り。
20180701_94
20180701_97
前神室方向へ。
20180701_99
20180701_109
20180701_113
20180701_114
やや曇ってきました。
20180701_118
前神室から神室方向。
20180701_122
20180701_123
右ひざがダメでスピードラップを巻いたら100痛いのが50くらいになりました。
20180701_125
ブナを見ながら下山。

暑い山でした。この日一緒に登った人はエラいです。
トマト、キュウリ、プラム、パイナップルなど皆さん重いものが旨いという事が理解できていてスバラシイ。
おかげで満開のニッコウキスゲときれいな花々、キヌガサソウも見ることができ、熱中症にもならず予定通り行動できました。
山で会ったのは慣れた風な男女ペアと単独男性のみ。日曜で天気も良いのに静かな山でした。

帰りに秋ノ宮温泉でさらに大汗をかいて脱水し福島へ戻りました。
もう何リッター汗をかいたか分かりません。




↑このページのトップヘ