登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

5/7(日)2日目
P5070027(1)
朝起きると予想に反して天気が良い。
P5070033(1)
期待していなかったのでゆっくりのスタートにしてしまった。
P5070034(1)
林道型を歩き出す。
P5070035(1)
夏のテン場を過ぎトラバースルートに入る。
P5070038(1)
昨日の雨で斜面のトレースはほぼ流れて溝になってしまった。
P5070040(1)
渡渉点。ここから谷筋を上がる。
P5070042(1)
まだ元気。暑いが一応ヘルメット着用。
P5070045(1)
この先でルートミス。回り込めると思ったら無理だった。
P5070047(1)
雪質は登りやすかったがシールの限界で途中板を担ぐ。
雪がザケてたんでキックステップでOKでした。一応アイゼンは準備してましたが。
P5070048(1)
雪倉が見えた。
P5070050(1)
沢型を抜けた。
P5070052(1)
あれっ、何か雲行きが怪しい感じで風も強くなってきた。
P5070059(1)
みるみる視界が無くなり真っ白に。
やや粘ったが視界がほぼ無くなり、登れても滑りではぐれるとマズいので下がることに。
P5070063(1)
山頂を目の前に残念。
IMG_20170507_113007(1)
嫁さんのスマホ画像、良い天気。
IMG_20170507_120242(1)
雲が出てきた。
IMG_20170507_130741(1)
ガスから逃れて滑っているワタシ。
P5070070(1)
ガスがどんどん下がってきたので見えるスキに滑る。
P5070076(1)
雪はザラメでなかなか良い。
P5070085(1)
高度を下げ谷に入っていく。
P5070088(1)
P5070089(1)
急で狭い谷を抜けて一安心。ガスもここまでは下がってこない。
P5070118(1)
P5070151(1)
さらにどんどん下がっていく。高度を下げると穏やかな天気。
P5070156(1)
P5070162(1)
帰りはちょっと寄り道して兵馬の平経由。
P5070171(1)
振り返るとガスは抜けて山頂が見えていた。
まあ、そんなもんですね。
P5070175(1)
蓮華温泉に戻って露天風呂でまったり、もちろん内湯もあります。
P5070179(1)
夕方には雲も抜けたがかなり風が強い。

予想よりも良い天気だったがちょうどタイミング悪く山頂直下で下がってしまった。
それでもけっこう楽しめたので来た価値はあったと思う。
栂池も八方も雪で遊ぶエリアは大抵GWまでの営業、今までなかなか休みが取れず来れなかったが今回思い切ってGWの最後をかけて3連休を取り来ることができた。
これで下見は十分なので次回チャンスがあれば再訪したいところです。

3日目に続きます。


5/6(土)1日目
朝福島発、糸魚川経由で栂池へ。到着すると予報通り雨、しかもけっこう強い。
前線通過のタイミングなので雨なのはわかっていたがテンションは上がらない。
計画書を提出してゴンドラとロープウェイのチケットを買う。
P5060001(1)
自然園駅へ上がり入山の説明を受け歩き始める。
P5060003(1)
思ったより視界はある感じ。
P5060006(1)
天狗原までは前日までのトレースがバッチリ。
P5060008(1)
ガスが一瞬晴れてた。
P5060011(1)
天狗原の祠。
P5060013(1)
ガスが抜けて白馬乗鞍が見えた。
5060016-1
振子沢に入る。
P5060019(1)
雨とガスは濃くなったり薄くなったりという感じ。
視界が悪いとややルートが分かりにくい。
P5060021(1)
蓮華温泉の駐車場が積雪期のテン場になっている。
P5060024(1)
P5060023(1)
雨の中蓮華温泉に到着、夕方少しガスが晴れて遠望できたが雨は止まない。
夜中まで風雨が強かった。

明日は一時的に寒気が入る予報で風がかなり強そう、視界があると良いのだが・・。

今回は悪天なのはわかっていてあえて入山している。北関東や南会津あたりが天気の崩れが少ない感じではあったが、まあたまに残雪期の北アルプスも見たいのです。

2日目へ続きます。

5/10(水)田植えの手伝い

嫁さんの実家の田植え、ご両親もだんだん歳で今後どうするか悩ましい。
秋にはおいしいお米になります。福島市松川町産コシヒカリ、ご注文あれば是非!

P5100220(1)


5/6(土)~8(月)雪倉岳
栂池~蓮華温泉~雪倉岳~木地屋
P5080195(1)
白馬の北にある山です。真ん中の谷が登下降ライン。

前線通過の雨から一時的に寒気が入るという悪い予報でしたが出掛けて来ました。
分かってはいましたが1日目は雨、2日目は予想より良いコンディションでしたが山頂直下でガスと強風、3日目は好天でしたが強風で雪を拾って下山しました。
山の天気に関しては非常に許容範囲が広いので楽しんできました。

最近このブログへの画像のアップデートに非常に時間がかかりサクサクと出来ませんで、記録は後程時間見てUPします。画像も縮小しているのですがねえ・・。

姥沢~牛首~姥ケ岳~装束場~石跳沢~馬立沢~スキー場~姥ケ岳~姥沢
(視界無く強風で牛首で戻り。)
4/16(日)日帰り

天候が今一つなのは認識していましたが恒例の月山へ。
本当は南会津方面の天気が良さそうで心惹かれたのですが色々考え無難な選択です。

当日朝、肘折ルートへ向かう知り合いを夜間ゲートから姥沢に乗せる可能性もあり急いだがヒッチでOKだったようで一安心。
P4160022(1)
姥沢Pは思ったほど混んでおらずスムーズに駐車しリフト乗り場へ移動。
リフトに乗ると強風でやっと動いている感じでたまに止まる始末。
P4160026(1)
姥ケ岳には大勢が登っている。
P4160025(1)
リフト上駅から少し歩いてからちょっと滑り降りシールを付け歩き出す。
P4160023(1)
あっという間にガスが降りてきた。
P4160030(1)
歩き出すとすぐガスの中。GPS行動に。
結局尾根に上がると風も強く視界無し。しばらく様子を見るも回復のきざしも無く牛首で上がるのをやめた。
おそらく上がる事は可能でも下りの滑りで離れてしま事を考えると初級者中心のパーティ構成ではリスクが高い。
P4160051(1)
折り返して視界のない中姥ケ岳に上がり滑り出すと途中で視界が開けた。
雪はほど良いザラメで気持ちよく飛ばせる。快適!
P4160061(1)
けっこう楽しめた。
P4160055(1)
湯殿の斜面が魅力的だったが無難に石跳沢を下る。
P4160073(1)
高度が下がると天気も良く春の陽気。
P4160076(1)
ネイチャーセンターに下がっても仕方ないので馬立沢の脇を登る。
P4160078(1)
ブナ林の登りも気持ちが良い。
P4160082(1)
湯殿が綺麗に見える。
P4160087(1)
登りも練習してもらわないとあちこち行けません。体力余っちゃうし。
P4160098(1)
姥の斜面を1本滑って終了。今年スキーを始めたM嬢も上達してます。

2週連続で悪天。雪はなかなか良いのですが・・。
仕方ないので温泉に入って出羽屋で山菜そば、大変おいしゅうございました。

肘折や品倉尾根に行ったパーティも後から話を聞くと爆風の中GPS行動。
この山域の高い所は修行の場だったようです。南会津は天気良かったようで・・。

↑このページのトップヘ