登山用品 teku_teku の ブログ

「登山用品teku_teku」は 福島県福島市にある 小さな登山用品店です。

11/11(日)
吾妻連峰
男沼~仙水沼~1.5km規制点/往復

刈り払い好きのS氏がヤブのひどかった仙水沼ルートを刈ったとの事で歩いてきました。

20181111_04
せっかくなんでショートカットはせずに男沼手前から入山します。
20181111_01
20181111_05
この表示だとこの先の登山道が入山禁止で通行止めと思われてしまいそうです。
先週の鳥子平にあった表示の方が非常に分かりやすいと思います。
こちらです。
20181104_107
市町村や県や気象庁のHPを検索してもなかなかこのような分かりやすく明瞭な規制範囲を示した地図が出てきません。規制が長引く可能性を考えると適切な表示や告知が大事になってくると思うのですが。
私は直接県の担当部局に問い合わせして規制範囲について確認しましたがこちらの地図表示が適切と思います。
20181111_06
歩き出すとすぐ男沼があります。
20181111_08
まだ葉が落ちていない樹も残っていました。
20181111_11
このあたりは道が複雑なので仙水沼ルートへ入るのはこの山へという表示が目印です。
20181111_12
この辺りの掘り返しや糞はおそらくイノシシだと思います。
仁井田沼の水芭蕉も荒らされてしまったし・・。
20181111_13
20181111_17
落葉した林を登ります。
20181111_15
20181111_19
登山道上に観測機器やケーブルのジョイントが設置されています。
20181111_20
枝沢を渡って渡渉点に下がっていきます。
20181111_26
20181111_22
渡渉点は登山靴で飛石で渡れますが私はリハビリ中で足首が効かずコケるとマズいので持参したサンダルで渡りました。冷たい!
20181111_28
20181111_29
明るい林を登って行きます。進行方向には吾妻小富士が見えます。
20181111_32
仙水沼に近づくと熊糞が。下はイノシシ上はクマで縄張りがあるのでしょうか。
20181111_36
仙水沼
20181111_39
熊も仙水沼を眺めながら・・。
この後は数えきれないほどの熊糞地帯を登りました。
20181111_45
キノコのバター焼き。肉厚で旨い!前日収穫品をいただき持参したものです。
20181111_46
20181111_48
この笹の密林を刈ったS氏はエライ!
20181111_55
ようやく視界が開けました。
20181111_57
小富士の横が1.5kmの規制地点です。
20181111_62
一切経が見えます。ここからがいい所なんですが戻ります。
20181111_63
一切経の大穴火口あたりからはけっこう噴気が出ているようでした。
20181111_64
男沼に戻り。陽が短くなりましたね。

吾妻もなかなか行かないルートが多く、この機会に久しぶりに色々歩いてみたいと思います。


11/5(月)

遭対協救助訓練

引き上げ・搬送等の技術研修。
民間僅か、警察さん・機動隊さん多数。

20181105_21
20181105_26
20181105_28
20181105_30

たまに練習しとかないと色々忘れますね。手順の確認とか、大事です。
自分達のケツはなるべく自分達で拭きたいという思い!なのですが・・。


11/4(日)
吾妻連峰
幕川温泉~麦平~高山~鳥子平~幕川

リハビリを兼ねて高山へ。
麦平~高山間のヤブ&倒木がひどいという事だったのでノコや剪定バサミ持参です。

20181104_03
幕川温泉手前の駐車スペースから歩き出す。
20181104_07
とりあえず幕滝遊歩道を巡る。
20181104_12
20181104_24
20181104_22
朝の幕滝鑑賞。
20181104_36
麦平へ登ります。
20181104_29
早速熊糞。この後も熊糞だらけでした。
20181104_46
麦平。
20181104_48
今シーズン初氷見ました。
20181104_53
麦平と高山。
20181104_64
倒木&ヤブがひどいという事だったのでやる気満々だったのですが、どなたかがそれなりに整備していただいたようでそれほどやる事はありませんでした。
20181104_69
反射板が見えると山頂はすぐ。
20181104_71
今日は穏やかな天気、秋晴れです。
20181104_72
20181104_78
高山山頂には電波の反射板があります。
20181104_75
昼飯を食ってノンビリしてから鳥子平へ下ります。
20181104_79
20181104_81
雪がけっこう残っていて落とし穴、足首に悪いです。
20181104_84
けっこう笹が繁茂してきていました。
刈るにも噴火規制で道路が止まっているので遠いです。
20181104_85
20181104_94
鳥子平には噴火規制の案内がありました。
20181104_96
盗掘って、どうせなら笹でも刈ってほしい。
20181104_97
一旦道路に出ます。
20181104_101
バス亭は冬は外すのですがそのままでした。
20181104_107
吾妻連峰の噴火レベル2に伴う規制範囲は大穴火口から半径1.5kmです。
図の赤丸が規制範囲ですのでそれ以外の登山道は規制範囲ではありません。
規制範囲に至るルートも青点線の部分は通行が可能です。
県や市町村のHPを見てもこの図の明瞭なものがなかなか探せなかったので直接担当部局に問い合わせして確認しました。登山道の入り口や分岐には上記の案内板がありこちらは明瞭です。
20181104_112
一切経とスカイラインと熊糞。
道路上にも熊糞、熊も人も車も来なくてノビノビしているんでしょうね。
20181104_114
再び登山道へ。
20181104_116
大ヘアピンの箇所で道路を僅かに通ります。
20181104_123
カラマツの黄葉がきれいでした。
20181104_124
幕川温泉に戻りました。

先週に続いて自分たちのパーティ以外は誰にも会いませんでした。
この季節手軽でなかなかいいルートだと思うのですが・・。そろそろ幕川温泉までの道路が通れなくなると思いますので注意が必要です。

10/28(日)
吾妻連峰
高倉山~霧ノ平~白浜

今週もリハビリ。
先週膝にちょっと水がたまって山行くか迷ってたのですが前夜に腫れが引いたので近場にお出掛けする事に。
行く事を急に決めたのと歩き始めてすぐダメで戻る事になっても悪いので誰も誘わず単独で出発。

20181028_03
大滝沢入渓点。紅葉が美しい。
20181028_05
高倉新道登山口より入山。
20181028_08
20181028_10
1000m位が紅葉のピーク
20181028_18
20181028_16
20181028_15
陽が差すときれいです。
20181028_20
小沢をいくつか越していきます。
20181028_22
水場はこの時期でも十分出てました。
20181028_23
20181028_25
標高を上げていくともう冬景色に近いです。
20181028_26
尾根に上がると展望が良い。
20181028_30
朝霧地蔵
20181028_33
吾妻連峰の山並み。
20181028_37
五色方向は笹が繁茂しています。
20181028_43
高倉山に登ろうと思いちょっと突っ込みましたが以前よりヤブが濃く、1人で骨折も完治していないので途中でやめました。
20181028_48
神楽新道分岐
20181028_50
20181028_51
白浜までハイキング。
20181028_53
福島盆地が遠望できます。
20181028_62
20181028_68
白浜
20181028_73
奥には米沢盆地も遠望できます。
20181028_76
20181028_77
神楽新道を下山。
20181028_85
20181028_88
沢の出合を渡ると林道型に出ます。
20181028_92
車道を歩いて戻り。

熊にも人にも全く会わず山貸し切りでした。
この時期なかなかいいルートだと思うのですがねえ。

病院では12月になったら運動していいとの事なのでただ歩いているだけなのですが、自分としてはまだ2~3割位の回復具合な感じです。
戻りの車道で減速せずに来た車を慌てて避けたらまたコケてしまいました。


10/21(日)
不忘山
白石スキー場~山頂/往復

メジャーな山にはなかなか行かないのですがリハビリにはちょうどいいかな~と不忘山へ。

20181021_03
最初はゲレンデを上がります。
20181021_07
ゲレンデを横切り登山道へ。
20181021_09
落ち葉の道です。
20181021_13
展望が開けてきます。
20181021_18
20181021_36
不忘の碑。
20181021_19
吾妻連峰方向。
20181021_25
山頂からの眺め。
20181021_26
穏やかな天気。
20181021_30
コーヒータイム。
20181021_35
20181021_32
ラーメン作ってもらいました。お腹いっぱい。
20181021_37
木漏れ日の中下山。
20181021_39
まだリンドウ咲いてました。

まだ足の状態が微妙で下りはダメダメです。しばらくはハイキング程度でリハビリ。




↑このページのトップヘ